楽天ふるさと納税

ふるさと納税するなら「楽天ふるさと納税」が一番お得?ポイント還元率が高すぎると話題に

楽天ふるさと納税

納税者の方なら誰しもが知っておくべきお得な制度「ふるさと納税」をご存じですか?

ふるさと納税をすることで、お得に所得税や住民税を納付することができ、さらにお得な特産品やお米やお肉、家電などの返礼品をもらうことができますよ。

 

ただ、所得税や住民税など「税金」と聞くと拒絶反応を起こしてしまう方も多いのではないでしょうか。

実際、税金の事ってとっても複雑でわかりにくいですよね。

しかし、今回ご紹介させていた抱く「楽天ふるさと納税」を使うことでネットショッピング感覚で簡単にふるさと納税を行う事ができますよ。

 

今回は、楽天ポイントが貯まる・使えるとってもお得な「楽天ふるさと納税」について徹底解説していきます!

ぜひ最後までご覧いただき、少しでもお得に所得税や住民税を納付していただければ幸いです。

これを見れば一目で分かる!楽天ふるさと納税

一目で分かる!

\ 気になる箇所をタップしよう /

豚の貯金箱
豚の貯金箱
これから「楽天ふるさと納税」について深く掘り下げていくよ!
ぜひ最後までご覧いただき、参考にしてくれれば嬉しいな。

やらないと損!絶対にお得な「楽天ふるさと納税」とは?

なぜ?

楽天ふるさと納税とはECショップで有名な「楽天」が運営しているふるさと納税ポータルサイトです。

楽天ふるさと納税を使えば、楽天市場でお買い物する感覚で簡単にふるさと納税を行う事ができますよ。

 

また、楽天スーパーポイントが貯まる・使える点がとても魅力的です。

さらに、通常ふるさと納税は自己負担額2,000円が発生しますが、楽天ふるさと納税自慢のポイント還元率の高さと、楽天お得意のキャンペーンを駆使する事で自己負担額2,000円が無料になるばかりか、それ以上のポイントで得することができる場合もあります。

 

返礼品の種類も肉や魚、お米やフルーツなどの「食品」はもちろん、家具や家電、旅行券やギフト券など幅広く取りそろえています。

ふるさと納税については下記記事で詳しく解説しているので、ぜひこちらの記事と併せて参考にしてくださいね。

関連記事

「ふるさと納税をすると節税になるから絶対やった方がいい」こんな風に聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 結論、ふるさと納税は「節税」にはなりません。このように分かっているようで分かっていない人が多い「[…]

ふるさと納税とは

楽天ふるさと納税のやり方を紹介!

ふるさと

楽天ふるさと納税でふるさと納税をするには、期限までに楽天ふるさと納税から寄付を完了する必要があります。

ふるさと納税を締め切りは下記記事で詳しく紹介しているので、ぜひこちらの記事と併せて参考にしてくださいね。

関連記事

ふるさと納税は支払うべき所得税や住民税を前払いすることでお得な返礼品がもらえる制度です。ふるさと納税として前払いした金額は、翌年支払うべき税金から控除されます。ただし、ふるさと納税はあくまで「寄付金控除」という扱いになるため、2[…]

ふるさと納税いつまで間に合う

 

楽天ふるさと納税のやり方は下記の通りです。

下記ステップに従って手続きを行えば、簡単にふるさと納税をすることができますよ!

  1. シミュレーターで控除上限額の確認
  2. 寄付したい自治体・欲しい返礼品の検索
  3. 気に入った返礼品を提供している自治体へふるさと納税の申し込み
  4. 自治体から送られてくる返礼品と寄付金受領書の受け取り
  5. 「確定申告」または「ワンストップ特例制度」で税金控除の申請

それではそれぞれ詳しく解説していきますね。

ぜひ、楽天ふるさと納税利用の際の参考に参考にしてください!

Step1.まずは控除上限額をシミュレーションしてみよう

ふるさと納税には年収に応じて控除上限額が定められています。

所定の控除上限額を超えてしまった場合、無駄に所得税や住民税を納付してしまうことになってしまうため、ふるさとの税を行うまえに必ず控除上限額をチェックする必要があります。

 

控除上限額は下記ページから確認することができ、年収など簡単な情報を入力することですぐに控除上限額をチェックすることができます。

ふるさと納税前に必ず控除上限額を確認しておきましょう。

控除上限額シミュレーションはこちら

Step2.寄付したい自治体・欲しい返礼品を探そう

控除上限額を確認できたら、その金額以内で気になる返礼品を探してみましょう。

楽天ふるさと納税ならば楽天市場でお買い物をするような感覚で返礼品を探すことができるため、とても便利です。

 

返礼品は下記ボタンから探すことができますよ!

気になった物を探してみましょう。

Step3.実際に楽天ふるさと納税を申し込もう

欲しい返礼品を見つけたら、実際にふるさと納税の申し込みを行いましょう。

また、このときに大切なのが「住民票に登録している住所と楽天市場に登録している住所が同じである」こと。

もし住民票に記載されている住所と楽天市場に登録されている住所が異なる場合、あらかじめ修正しておくようにしましょう。

 

ちなみに、ふるさと納税を「節税」と勘違いしている方が多くいらっしゃいますが、ふるさと納税は節税ではなく税金の前払いです。

ふるさと納税をする前に下記記事をお読みいただき、しっかりと制度について理解してくださいね。

関連記事

「ふるさと納税をすると節税になるからお得!」そう勘違いしてしまっている方が多くいらっしゃると感じています。 ふるさと納税は節税になるからお得とよく誤解されていますが、実はふるさと納税は節税にはならないのです。む[…]

ふるさと納税 節税

Step4.寄付金受領書や返礼品の受け取り

ふるさと納税を申し込むとふるさと納税先の自治体から、

  • 寄付金受領書
  • 申し込んだ返礼品

これら2点が送られてきます。

 

また、ワンストップ特例制度の利用を希望した場合「ワンストップ特例制度申請書」も送られてくるので、これらの書類がしっかりと届いているか確認してくださいね。

Step5.確定申告orワンストップ特例制度で控除の申請をしよう

ふるさと納税を申し込んだだけで税金が控除されるわけではありません。

ふるさと納税で税金を控除するためには、

  • 確定申告
  • ワンストップ特例制度

いずれかの手続きが必要となります。

それぞれ詳しく解説していきますね。

ワンストップ特例制度とは?

ワンストップ特例制度とは確定申告不要でふるさと納税分の税金を控除できるようにする手続きのことを言います。

ワンストップ特例制度を利用することで、確定申告をすることなく税金を控除することができますよ。

 

ただし、ワンストップ特例制度を使うためには下記2つの条件にあてはまる必要があります。

  • ふるさと納税を行う自治体が5つ以下
  • ふるさと納税以外で確定申告をする必要が無い

もし6つ以上の自治体へふるさと納税をした場合や、給与所得以外に20万円以上の収入がある場合、仕事を掛け持ちしている場合などふるさと納税以外に「確定申告」を行う必要がある場合も「ワンストップ特例制度」を使うことができないため注意してくださいね。

関連記事

ふるさと納税は所得税や住民税を前払いすることでお得な返礼品をもらう事ができるとてもお得な制度です。しかし、ふるさと納税をしたからといって自動的に所得税や住民税から控除されるのではなく、確定申告やワンストップ特例制度といった手続きを行[…]

ワンストップ特例制度

確定申告とは?

確定申告は1年間の収入や受けることのできる控除金額を税務署へ申告し、納めるべき税金や還付される税金を確定する手続きのことを言います。

 

会社勤めの方は、お勤めの会社が年末調整という形で代わりに確定申告をしてくれているため確定申告についてよく分からないという方も多いかと思います。

逆に、個人事業主の方は毎年確定申告をする必要があるため詳しく知っているよという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、5つ以上の自治体にふるさと納税する場合などは会社勤めの方であっても確定申告する必要があります。

確定申告をしなければせっかくふるさと納税を行っても税金が控除されず、損してしまうことになるので注意してください。

 

確定申告は毎年2月16日から3月15日の間に行う事ができます。

インターネットからも手続きを行う事ができますが、確定申告が初めてで不安という方は税務署へ行くことで丁寧に確定申告のやり方を教えてもらう事ができますよ。

 

ワンストップ特例制度を利用しない・利用できない方は必ず確定申告でふるさと納税をした旨を申告するようにしましょう。

楽天ふるさと納税のメリットやデメリット

メリット・デメリット

この章では楽天ふるさと納税のメリットやデメリットについてご紹介していきます。

楽天ふるさと納税を利用する際の参考にしてくださいね。

楽天ふるさと納税のデメリット

楽天ふるさと納税のデメリットは大きく下記2点となっています。

  • 楽天ふるさと納税を行うためには楽天会員である必要がある
  • 寄付できる自治体数・返礼品の数が他のふるさと納税サイトと比較して少ない

それではそれぞれ掘り下げてみていくことにしましょう。

デメリット1.楽天ふるさと納税をするには「楽天会員」であることが絶対条件

楽天ふるさと納税を行うためには「楽天会員」である必要があります。

会員登録をせずに楽天ふるさと納税を利用することはできません。

 

楽天会員IDを持っている人からしたらデメリットにはなりませんが、まだ楽天会員登録をしていない人からするとデメリットとなってしまいますね。

ただ、楽天会員登録を行う事で楽天ふるさと納税最大の魅力といっても過言ではない「楽天スーパーポイント」をどんどん貯めていくことができ、貯めた楽天スーパーポイントでふるさと納税をしていくこともできます。

 

まだ楽天会員登録が済んでいない方は、ぜひ楽天会員になっておくことをおすすめします。

楽天会員登録は下記ページへアクセスし「新規会員登録」から行う事ができますよ!

楽天会員登録を行う

デメリット2.寄付できる自治体数・返礼品の数が少ない

2020年11月現在楽天ふるさと納税と連携している自治体は1,000を超え、返礼品数も15万品以上と豊富な品揃えをしています。

しかし、返礼品数日本一である「ふるさとチョイス」と比較するとまだまだ少ないのが現状です。

 

実際、返礼品数日本一である「ふるさとチョイス」では1,400以上もの自治体と連携し、22万品以上もの返礼品を取りそろえています。

楽天ふるさと納税もかなり多くの取扱商品数がありますが、さらにいろいろな返礼品から選びたいという方はふるさとチョイスがおすすめです。

楽天ふるさと納税のメリット

メリット

この章では楽天ふるさと納税のメリットをご紹介していきます。

楽天ふるさと納税のメリットは大きく下記4点となります。

  • 楽天スーパーポイントがとにかく貯まる!
  • 期間限定ポイントも含めてふるさと納税に楽天スーパーポイントのが使える
  • 返礼品のレビューが充実しているから選びやすい
  • 楽天市場でお買い物する感覚でふるさと納税が利用できる

それではそれぞれ詳しく解説させていただきますね。

楽天ふるさと納税を利用する際の参考にしてください!

とにかく「楽天スーパーポイント」がどんど貯まる!

楽天ふるさと納税は楽天スーパーポイントがどんどんと貯まっていくことで非常に人気を集めているふるさと納税ポータルサイトです。

ポイント還元率で言えば、樂天ふるさと納税が日本一と言っても過言ではありませんよ!

 

特に楽天スーパーセールなどを狙うと普段よりさらにお得にふるさと納税を行う事ができますよ!

その他にも、楽天モバイルを利用したり、楽天カードを利用したり、楽天証券でポイント投資を行ったりと、楽天サービスを活用してことでポイント倍率がアップする「楽天SPU」や「楽天スーパーセール」などと組み合わせることで、ポイント倍率は最大30%にもなります。

 

ふるさと納税の金額は大きくなりがちなので、30%のポイントがつくのはとてもお得ですね。

関連記事

楽天カードは日本版顧客満足度調査で11年連続で1位を獲得した実績を持つ年会費永年無料のクレジットカードです。公共料金の支払いを含み、どの加盟店で利用しても常時ポイント1%の還元率を誇り、さらに楽天市場での利用ではポイント還元率が3%[…]

楽天カードのメリットとデメリット
楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)とは?
楽天SPU
楽天公式サイトから引用

多くの場合楽天と聞くと、楽天市場を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、楽天はECサイト以外にも、

  • 銀行
  • カード会社
  • 保険会社
  • 電力会社
  • 携帯電話会社
  • 旅行代理店

などなどさまざまなサービスを提供しています。

これらの楽天サービスを使えば使うほどポイント還元率がアップしていくサービスが「楽天SPU」です。

 

楽天SPUを使うことで楽天市場でのお買い物時のポイントの倍率が最大16%にもなり、とってもお得に楽天市場でお買い物を楽しむことができます!

また、楽天ふるさと納税利用時にも楽天SPUのポイント倍率が適用されるので、楽天SPUを攻略することでさらにお得に楽天ふるさと納税を利用していく事ができますよ!

 

楽天SPUのポイント倍率アップの条件は下記の通りです。

対象サービスポイントアップ倍率条件
楽天モバイル+1倍楽天モバイルの契約
楽天ひかり+1倍楽天ひかりの契約
楽天カード+2倍楽天市場でのカード利用
楽天ゴールドカード・プレミアムカード+2倍楽天市場でのカード利用
楽天銀行+楽天カード+1倍楽天カード利用代金の引き落とし
楽天保険+楽天カード+1倍楽天の保険料を楽天カードで支払い
楽天でんき+0.5倍楽天でんきの利用
楽天証券+1倍楽天証券で500円分以上のポイント投資
楽天トラベル+1倍対象サービスを5,000円以上利用した月
楽天市場アプリ+0.5倍楽天市場アプリからの買い物
楽天ブックス+0.5倍楽天ブックスで1,000円以上買い物した月
楽天kobo+0.5倍電子書籍を1,000円以上購入した月
楽天Pasha+0.5倍トクダネ対象商品購入、レシート申請&100ポイント以上獲得した月
Rakuten Fashion アプリ+0,5倍楽天ファッションアプリから楽天ファッションの商品を購入した月
楽天TV・NBS Rakuten+1倍NBA RakutenまたはRakutennパ・リーグspecialへの加入・契約更新
楽天ビューティ+1倍3,000円以上利用した月

期間限定ポイントも含めて、ふるさと納税に楽天ポイントが使える!

楽天ふるさと納税では通常ポイントはもちろん、期間限定ポイントも含めてふるさと納税に楽天スーパーポイントを使うことができます!

 

そのため、間接的に所得税や住民税を楽天スーパーポイントを使って支払う事ができるばかりか、ふるさと納税の自己負担額2,000円までポイント払いすることができてしまいます。

また、期間限定ポイントの使い道に困っていた方にとってもとても嬉しいですね。

返礼品のレビューが充実しているから選びやすい!

楽天ふるさと納税の大きなメリットの内の一つに「充実したレビュー」があります。

さすがECサイトを運営しているだけあり、他のふるさと納税ポータルサイトとは比較にならないほど返礼品のレビューが充実しています。

 

ECサイトでのノウハウを元に、レビューの集め方を知っている楽天だからこそできるメリットですね。

実際に購入した方の意見を参考にしながら返礼品を選びたいという方にも楽天ふるさと納税はおすすめですよ!

楽天市場でお買い物する感覚でふるさと納税が利用できる

楽天ふるさと納税は楽天市場でお買い物するような感覚で簡単にふるさと納税を行う事ができます。

そのため、日頃から通販サイトを使っている方であればスムーズにふるさと納税を行う事ができますよ!

 

納税にも楽天市場に登録してあるクレジットカード情報をそのまま利用することができるため、スムーズに手続きを進めることができます。

面倒な手続きを最小まで省いて簡単に寄付できるという点において、楽天ふるさと納税は他のどのふるさと納税ポータルサイトよりも優れていると言えますね。

お買い物マラソンや楽天スーパーセール期間中のふるさと納税がお得!

Ecommerce

楽天市場では定期的に「お買い物マラソン」や「楽天スーパーセール」といったお得な買い回りキャンペーンを開催しています。

これは最大10ショップまで、1ショップで1,000円以上の商品を購入するごとにポイント倍率が1%ずつアップしていくとってもお得なキャンペーンとなっています。

要するに、お買い物マラソンや楽天スーパーセール中に1,000円以上のお買い物を10ショップですることでポイントが+10倍になるのです!

 

さらに、楽天のすごさはこれだけにとどまりません。

このお買い物マラソンや楽天スーパーセールは「楽天ふるさと納税」にも適用され、一つの自治体に1,000円以上のふるさとの納税するごとに一つのショップポイント倍率が+1倍されていきます。

また、ふるさと納税額に対してもお買い物マラソンや楽天スーパーセールでのポイント倍率が適用されるのです!

5か0のつく日ならポイント倍率が5倍に

楽天5と0のつく日
楽天公式サイトから引用

さらに、楽天では常時「5がつく日(5日、15日、25日)」と「0のつく日(10日、20日、30日)」にお買い物をするとさらにポイント倍率が+2倍となります。

 

楽天会員になった時点でポイント倍率が1倍(1%)となり、楽天カードを持つことでポイント倍率が+2倍(2%)となります。

さらに、5か0のつく日ならば+2倍(2%)のボーナスポイントがつくので、最大5%もポイント倍率がアップするのですね。

 

なんと、この特典までふるさと納税利用時にも適用することができるのです!

楽天SPUやお買い物マラソンや楽天スーパーセール、5か0日のキャンペーンを活用すれば、最大で30%のポイント還元を受けることができますよ!

楽天ふるさと納税でおすすめの返礼品を紹介

プレゼント

この章では、

  • 特産品
  • 食品
  • 家電

この3つのジャンルに分けておすすめの返礼品をご紹介していきます!

ぜひ、お気に入りの返礼品を見つけてお得に所得税や住民税を納税してくださいね。

楽天ふるさと納税で返礼品としてもらえる「特産品」セレクト5選

楽天ふるさと納税で返礼品としてもらえる「食品」セレクト5選

楽天ふるさと納税で返礼品としてもらえる「家電」セレクト5選

【ふるさと納税】全自動コーヒーメーカー SC-A211
【ふるさと納税】ドライブレコーダー
関連記事

ふるさと納税をすると、住民税や所得税を前払いする代わりにお得な返礼品をもらうことができます。しかし、返礼品の数が多すぎてどれを選べば良いのか分からないという方も多くいらっしゃるのではないでしょか。 そこでこの記事で[…]

ふるさと納税 返礼品

返礼品は一時所得の対象になるので注意

ふるさと納税は実は「一時所得」の対象になることをご存じでしたか?

実はふるさと納税は一時所得の対象となり、ふるさとの税以外の一時所得(公営ギャンブルで得た利益や保険金の受け取りなど)と合算して50万円を超えたら申告する必要があります。

ふるさと納税での一時所得については下記記事で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

関連記事

本来支払うべき所得税や住民税を先払いすることでお得な返礼品をもらう事ができる「ふるさと納税」ですが、ふるさと納税でもらった返礼品に対して課税される事をご存じでしたか? 実は、ふるさと納税で得た返礼品は「一時所得」に該当[…]

ふるさと納税 一時所得

楽天ふるさと納税で少しでもお得に所得税や住民税を納めよう

いかがでしたでしょうか。

この記事では楽天ふるさと納税について詳しく解説させていただきました。

 

必ず支払わなければいけない「所得税」や「住民税」

少しでもお得に納付したいものですよね。

そんな方におすすめな制度が「ふるさと納税」です。

 

ふるさと納税を利用することで自己負担額2,000円が発生してしまいますが、それ以上にお得な返礼品を受け取ることができますよ。

また、さまざまなふるさと納税ポータルサイトがありますが、その中でも楽天ふるさと納税はずば抜けてポイント還元率が高く設定されています。

 

ぜひ、楽天ふるさと納税を活用してお得に納税してくださいね。

広告
楽天ふるさと納税
この記事が参考になったら「フォロー」をお願いします✩