楽天カード ApplePay

【画像付き】楽天カードはApplePayでQUICPayが利用可能!設定方法やエラーの対処法を紹介

楽天カード ApplePay

年会費無料で持つ事ができ、ポイント還元率も高いことで有名な「楽天カード」ですが、ApplePayは使えるのでしょうか。

結論、楽天カードでApplePayを使うことはできます。

が、楽天カードでも「AmericanExpress」の場合はApplePayを利用することができません。

 

ApplePayが使えるようになれば、楽天カードを持ち歩かなくても「QUICPay加盟店」にて決済を行う事ができ、カードの盗難や紛失のリスクを下げることができます。

また、フェイスIDなどの各種セキュリティ機能によりより安心して楽天カードを利用できるようになりますよ。

 

この記事では楽天カードのApplePayについて徹底解説してきます。

楽天カードをApplePayへ登録する方法はもちろん、登録できない・使えないなどのエラーになってしまった場合の対象法までわかりやすく解説していくので、ぜひ最後までご覧いただき参考にしてくださいね。

これを見れば一目で分かる!楽天カードのApplePay

一目で分かる!

\ 気になる箇所をタップしよう /

楽天カード


11年連続顧客満足度ナンバーワンの実績を持つカード

楽天カードは「日本版顧客満足度調査」で11年連続1位を獲得した実績を持つ年会費永年無料のクレジットカードです。

公共料金の支払いなど、どこで使ってもポイント還元率1%と非常に高く、楽天市場での利用ならさらにポイント還元率がUPし、還元率が3%以上となるため、とにかくポイント還元率が高いクレジットカードを持ちたい方へとてもおすすめできるクレジットカードです。

豚の貯金箱
豚の貯金箱
これから「楽天カードのApplePay」について深く掘り下げていくよ!
ぜひ最後までご覧いただき、参考にしてくれれば嬉しいな。

楽天カードはApplePayに対応!

決済

楽天カードはアップルペイに対応しています。

そのため、クレジットカード本体がなくてもiPhoneさえあれば「クイックペイ加盟店」で楽天カードを利用することができます。

 

クレジットカードを持ち歩くと紛失や盗難のリスクが高まってしまいます。

また、落としてしまった時にコンビニなどで買い物する際に一定金額の範囲内であればサインレス、暗証番号不要で決済されてしまいます。

 

しかし、ApplePayであればフェイスIDでの認証や暗証番号によるロックを解除してからでなければ決済できないため、セキュリティ面でも安心です。

楽天カードをApplePayに登録するメリット

楽天カードをアップルペイに登録するメリットは下記の4点です。

  1. タッチするだけで決済が完了
  2. 楽天カードを持ち歩く必要がない
  3. セキュリティ面でも安心
  4. ApplePay利用時でもポイントが貯まる

それではそれぞれ詳しく解説していきますね。

楽天カード契約の際の参考にしてください。

タッチするだけで決済が完了

クイックペイはポストペイ型非接触決済サービスです。

チャージ不要で利用することができ、利用した分はクレジットカードの利用代金と一緒に請求されます。

 

一番のメリットはタッチするだけで決済が完了するという点。

クレジットカードのように店員にカードを渡して、決済手続きをしてからカードを返してもらう必要がありません。

そのため、感染症対策などにも最適ですね。

 

フェイスIDなどでロックを解除し、端末に数秒程度かざすだけで簡単にお買い物を楽しむことができますよ。

楽天カードを持ち歩く必要がない!

楽天カードをアップルペイへ登録することで楽天カードを持ち歩かなくてもある程度の場所では決済できるようになります。

 

例えば、有名所のコンビニエンスストアである「ファミリーマート」や「ローソン」「セブンイレブン」はQUICPay加盟店となっています。

その他にも、すかいらーくグループのレストランやマクドナルド、はま寿司といった回転寿司チェーン店などでもクイックペイを使うことができます。

また、一部自動販売機でもクイックペイが使えるなど、現金やクレジットカード本体を持ち歩かなくてもある程度のお店で決済が可能になるため、クレジットカードを持ち歩かずにQUICPayを使って決済すればクレジットカード本体の盗難や紛失のリスクが低くなります。

 

また、アップルペイはフェイスIDなどの認証を通過しないと決済が使えないためセキュリティ面でもメリットがありますよ!

セキュリティ面でもメリットが

アップルペイはセキュリティ面においてもメリットがあります。

 

クレジットカードの場合少額決済の場合は手間を簡素化する目的でサインや暗証番号の入力が不要になっています。

そのため、クレジットカード本体を拾われてしまったら簡単に不正利用されてしまいます。

 

しかし、アップルペイの場合クイックペイを利用する前にフェイスIDによる認証や暗証番号の入力が必要になります。

そのため、もし万が一iPhone本体を落としてしまったとしても不正利用させるリスクが限りなく0に近くなりますよ。

 

また、iPhoneの場合もし万が一落としてしまっても「iPhoneを探す」などに機能ですぐに見つけ出すことができるため安心です。

関連記事

楽天カードは「3Dセキュア」に対応しています。そのため、電子決済サービスへのチャージなど3Dセキュアに対応していなければ利用できないようなサービスでも利用することができますよ。しかし、楽天カードで3Dセキュアを使うためにはどのよ[…]

楽天カード3Dセキュア

もちろん、楽天ポイントも貯まる

楽天カードをアップルペイで利用した場合ももちろん楽天ポイントが貯まります。

通常通り100円につき1ポイントを貯めていくことができ、ポイント還元率も1%とかなり高還元になります。

楽天カード公式サイトはこちら

楽天カードをApplePayで利用する場合のデメリット

楽天カードでアップルペイを利用するデメリットは下記2点です。

  1. クイックペイ対応店舗でしか利用できない
  2. IDは利用できない

それではそれぞれ詳しく解説していきます。

QUICPay(クイックペイ)対応店舗でしか利用できない

楽天カードのアップルペイは「クイックペイ」対応店舗でしか利用することができません。

クイックペイはコンビニエンスストアからスーパーマーケット、ドラッグストアやカフェや居酒屋、家伝量販店やタクシー・ガソリンスタンドなど多岐にわたりますが、それでもクレジットカードが利用できるお店と比べるとまだまだ少ないのが現状です。。

 

いざ決済しようと思ったときにクイックペイに対応していないお店と言うこともあるので、行こうと思っているお店がクイックペイに対応しているのか調べてから行くことをおすすめします。

IDは利用できない

楽天カードのアップルペイは「クイックペイ」のみに対応しており、IDには対応していません。

そのため、ID加盟店で利用することはできないので注意してくださいね。

楽天カードをApplePayに設定する方法

設定

ここからは楽天カードをアップルペイへ登録する方法をご紹介していきます。

楽天カードをアップルペイへ登録する際の参考にしてください。

iPhoneの「Walletアプリ」から登録可能

楽天カードをアップルペイへ登録するためには「Walletアプリ」から設定を行います。

下記画像のアイコンを探してください。

Walletアプリ

Walletアプリを開くと、右上に「」というマークがあります。

+マークをタップしてください。

すると、下記のような画面に切り替わります。

アップルペイ登録画面

下部にある「続ける」をタップしましょう。

すると下記のような画面に切り替わります。

アップルペイ登録画面

カードの種類は「クレジットカード等」を選択して下さい。

すると、カード情報を読み取るためにカメラが起動します。

 

枠内に楽天カードを入れるようにおいてください。

下記スクリーンショットでは実際に楽天カードを読み取っていますが、スクリーンショットをとってもクレジットカードが映らない仕様になっていました。

細かなところまでセキュリティ対策万全ですね。

カードの読み取り

その後「有効期限」や「セキュリティコード」などの情報を入力します。

楽天カード・有効期限/セキュリティコード

情報の入力が終わったら上部にある「次へ」という文字をタップしてください。

カード発行元へ問い合わせ中」と表示された後、利用規約が表示されます。

アップルペイ利用規約

利用規約を確認し、問題がなければ「同意する」をタップしてください。

すると「ApplePayカードを追加中」と表示され、その後「Walletへ追加中」と表示されます。

すべての手続きが終了すると、「Walletへ追加されました」と表示され下記画面へ切り替わります。

楽天カード クイックペイ

画面下部にある「次へ」を押すとカードの認証画面へと進みます。

  1. SMS認証
  2. 電話発信での認証

上記いずれかの認証を行い、楽天カードの登録を完了させてください。

楽天カードカード認証

カードの認証が完了すると、無事楽天カードをアップルペイへ登録することができます。

楽天カードアップルペイ登録完了

楽天カードをApplePayにうまく設定できない原因と対処法

探偵

ここでは楽天カードをアップルペイにうまく設定できないときの対象法をご紹介します。

楽天カードがアップルペイへ登録できない原因としては、

  1. AmericanExpressを選んでいる
  2. iPhoneのIOSが最新バージョンになっていない
  3. Appleのシステムに不具合がある

それではそれぞれ詳しく解説させていただきます。

楽天カードAmericanExpressはApplePayが利用できない

楽天カードのアメリカンエクスプレスブランドのクレジットカードはアップルペイが利用できません。

そのため、楽天カードでアップルペイを利用したい場合「VISA」か「Master」か「JCB」のいずれかを選ぶ必要があります。

 

すでに楽天カードでアメリカンエクスプレスブランドを選んでしまっている方は楽天カードコレクトコールセンターへ電話し、国際ブランドを変更したい旨を伝え、アップルペイの使える「VISA・Master・JCB」のいずれかのブランドに変更しましょう。

iPhoneのIOSが最新バージョンになっていない

iPhoneのIOSが最新バージョンになっていない場合もアップルペイへ登録できない場合があります。

本体の設定アプリから「ソフトウェアアップデート」を確認し、最新バージョンのIOSであるか確認してくださいね。

Appleのシステムに不具合がある場合

ごくまれにですが、Appleのシステムが原因でアップルペイが利用できない場合があります。

その場合、こちらで何をしようとアップル側の原因が解決されるまでは楽天カードをアップルペイへ登録することができません。

 

何度試しても楽天カードがアップルペイへ登録できない場合、しばらく時間を空けてから再度試してみることをおすすめします。

楽天カードApplepayで便利に決済を楽しもう

いかがでしたでしょうか。

今回は楽天カードのアップルペイについて徹底解説させていただきました。

 

楽天カードをアップルペイへ登録することで、セキュリティリスクを軽減し、さらにスマホ一台で支払いを行えるようになるためとても便利にお買い物を楽しめることが分かりました。

楽天カードのアップルペイでお得にキャッシュレスライフを楽しんでいきましょう!

広告
楽天カード ApplePay
この記事が参考になったら「フォロー」をお願いします✩