楽天プレミアムカード審査基準

学生や主婦もOK!楽天プレミアムカードの審査基準は甘いのか?審査時間や通過のコツを解説

楽天プレミアムカード審査基準

年会費永年無料かつポイント還元率が高いことで人気の「楽天カード」を発行している楽天カード株式会社は上位カードである「楽天プレミアムカード」を発行しています。

 

楽天プレミアムカードは年会費11,000円(税込み)ですが、海外旅行好きの方や海外出張が多い人にとって喉から手が出るほど欲しい国内外の空港ラウンジが使い放題になる「プライオリティパス」が無料で付帯したり、充実した自動付帯の海外旅行保険が付帯していたりと充実した特典を提供しています。

そんな楽天プレミアムカードですが、申し込めばすべての方が持てるわけではなく楽天カード株式会社による「審査」を受けなければなりません。

一部楽天カードヘビーユーザーや楽天の上客にはインビテーション(招待状)を送ってますが、インビテーションが来たという方も含めて「審査」が必要になってきます。

 

そこでこの記事では楽天プレミアムカードの審査基準を現役楽天プレミアムカード愛用者の得する情報館管理人が徹底解説していきます。

楽天プレミアムカードの審査基準はもちろん、審査落ちを防ぐためのコツまで徹底解説していくのでぜひ最後までご覧いただき参考にしてくださいね。

目次

これを見れば一目で分かる!楽天プレミアムカードの審査基準

一目で分かる!

\ 気になる箇所をタップしよう /

楽天プレミアムカード


プライオリティパスが無料付帯

楽天プレミアムカードは通常年会費が4万円以上するプライオリティパスが無料付帯なのにもかかわらず、年会費たった11,000円(税込み)で持てるお得すぎるクレジットカードです。

食事やドリンク食べ飲み放題のラウンジが使えるのはもちろん、海外旅行保険も充実しており、旅行や出張が多い方におすすめできる一枚です!

豚の貯金箱
豚の貯金箱
これから「楽天プレミアムカードの審査基準」について深く掘り下げていくよ!
ぜひ最後までご覧いただき、参考にしてくれれば嬉しいな。

楽天プレミアムカードの審査基準は甘い?

契約

審査が甘いと言われている「楽天カード」ですが、楽天プレミアムカードの審査基準はどのようになっているのでしょうか。

楽天カード公式が発表している審査基準はもちろん、楽天プレミアムカードの審査に通過できた当サイト管理人の属性まで徹底解説していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

楽天プレミアムカード公式の審査基準

楽天プレミアムカードの公式サイトを見てみると、審査基準は下記のように記載されています。

原則として20歳以上の安定収入のある方
(楽天プレミアムカード独自の審査基準により発行させていただきます。)

楽天プレミアムカード公式サイトより引用

また、楽天プレミアムカードの備考欄には同時にこのような記載もされています。

20歳未満、学生、海外在住の方はカードをお申し込みいただけません。

楽天プレミアムカード公式サイトより引用

そのことから、楽天プレミアムカードが公式に発表している審査基準としては下記の通りです。

  • 20歳以上
  • 安定した収入がある
  • 学生は不可

それではそれぞれ詳しく掘り下げていきましょう。

申し込み年齢は「20歳以上」

一般的なクレジットカードは18歳以上から申し込み可能ですが、楽天プレミアムカードは20歳以上にならなければ申し込む事ができません。

たとえ親権者の同意があったとしても、20歳以下の方は楽天プレミアムカードの審査へ通ることはないので注意してください。

 

20歳未満の方で将来的に楽天プレミアムカードを作りたいという方は、18歳以上申し込み可能な「楽天カード」を発行し、しっかりと利用実績を積み上げていき、20歳になるまで待ってから楽天プレミアムカードを発行することをおすすめします。

楽天カードは年会費永年無料かつポイント還元率が高く、クレジットカード初心者の方にはとてもおすすめできる一枚です。

 

楽天カードについて詳しく知りたいという方は下記記事を参考にしてみてくださいね。

関連記事

楽天カードは日本版顧客満足度調査で11年連続で1位を獲得した実績を持つ年会費永年無料のクレジットカードです。公共料金の支払いを含み、どの加盟店で利用しても常時ポイント1%の還元率を誇り、さらに楽天市場での利用ではポイント還元率が3%[…]

楽天カードのメリットとデメリット

年収や職業といった申し込み基準は設定されていない

楽天プレミアムカードの審査基準には具体的な年収や職業といった条件が設定されていません。

そのことから、幅広い属性の方からの申し込みを受け付けている事が分かります。

 

また、正社員など「雇用形態」の指定もないことから、パートやアルバイトと言った属性の方でも申し込み可能と判断することができますね。

多くのゴールドカードの場合「アルバイトやパートを除く」などの記載がある場合がほとんどですが、楽天プレミアムカードの場合そのような記載がないことからも比較的柔軟な審査をしている事が分かります。

楽天プレミアムカードは学生や専業主婦の方でも作れる可能性あり

先ほど「楽天カードは学生の方は申し込めない」と記載させていただきました。

しかし、当サイト管理人は学生で20歳の誕生日に楽天プレミアムカードを申し込み審査を通過しています。

 

公式では「学生の方はお申し込みできません」と記載されていますが、アルバイトをしている学生の方であれば「アルバイト」という身分で楽天プレミアムカードを申し込む事で審査に通過する可能性があります。

実際当サイト管理人はアルバイト先の会社を記載し、アルバイトで得られた年収を記載し審査に通過する事ができています。

また、そのときに申告した年収は180万円です。

 

また、配偶者に収入があれば専業主婦の方など本人に収入がない方でも審査を通過させることが可能です。

柔軟な審査を実施しているのは楽天プレミアムカードの大きなメリットですね。

関連記事

楽天プレミアムカードは年会費11,000円(税込み)のクレジットカードです。楽天プレミアムカードは楽天カードと違い年会費が発生してしましますが、年会費の元は簡単に取り返せるほど充実した特典を提供しています。 特に、[…]

楽天プレミアムカード_学生
楽天プレミアムカードはフリーターの方でも作れる可能性あり

ゴールドカードと聞くとフリーターでは審査に通過しないのではないかと心配になる事もあるかと思います。

しかし、楽天プレミアムカードの審査基準には「20歳以上で安定した収入がある方」と書いてあるだけで「パートやアルバイト不可」とは一言も記載されていません。

 

フリーターの方でも立派な安定収入です。

自信を持って楽天プレミアムカードの審査に挑んでくださいね。

楽天プレミアムカード審査過程で職場への「在籍確認」がある場合があるので注意

楽天プレミアムカードを申し込むと審査過程で職場への「在籍確認」がある場合があります。

在籍確認は必ず行われるものではなく、審査過程で在籍確認が必要と判断された場合に実施されます。

CICなど指定信用情報機関にすでに職場が登録されており、楽天プレミアムカードへ申告した職場と一致する場合などは在籍確認がスキップされる場合もあります。

 

ただし、楽天カードが在籍確認が必要と判断し、職場へ連絡したのにも関わらず在籍確認ができなかった場合などは審査落ちの原因となってしまいます。

在籍確認が心配という方は職場へ一言在籍確認の電話が来るかもしれない旨を伝えておくのも良い手段でしょう。

 

ただし、中には職場にクレジットカードを申し込んだ事をばれたくないという方もいらっしゃるかと思います。

そのような方は事前に楽天カードへ相談し、社名を伏せて在籍確認の電話を入れてもらうなど対応してもらうと安心ですよ。

楽天プレミアムカード公式ページはこちら

楽天プレミアムカードの審査基準は他ゴールドカードと比較し「甘い」

これまでに楽天プレミアムカードが公式で発表している審査基準や実体験を元に分かった審査基準をご紹介させていただきました。

 

楽天プレミアムカードの審査基準は高いのでしょうか。

結論、楽天プレミアムカードの審査基準は一般的なゴールドカードと比較して「甘い」と言えます。

楽天プレミアムカードの審査基準ギリギリだと審査時間がかかってしまう場合がある

楽天プレミアムカードの審査には「スコアリング」という自動審査を採用しています。

スコアリングによる審査は入力された情報を元に点数をつけ、一定以上の点数を得た場合に自動的に審査に通過させる審査方式のことを言います。

 

ただし、審査基準ぎりぎりの方の場合スコアリング審査を通過できず、人間による審査へと切り替えられることになります。

その場合、一週間程度審査が完了するまでに時間がかかってしまうため注意する必要があります。

楽天プレミアムカードの審査に落ちてしまったら「楽天カード」で修行しよう

残念ながら楽天プレミアムカードの審査に落ちてしまった場合「楽天カード」で利用実績を積み上げ、楽天プレミアムカードの審査を有利にする事をおすすめします。

 

楽天カードは楽天プレミアムカードよりも審査基準が甘く、楽天プレミアムカードの審査に落ちてしまった方でも保有できる可能性があります。

また、クレジットカード会社は他カード会社の利用状況も確認することができますが、やはり審査の際は自社カードの利用実績が一番考慮されるポイントとなります。

 

そのため、楽天プレミアムカードよりも審査基準の優しい楽天カードで利用実績を作り、楽天プレミアムカードの審査を有利に働かせる事をおすすめします。

楽天カードから楽天プレミアムカードへの切り替えなら審査が有利に

楽天カードから楽天プレミアムカードへの切り替え審査なら新規入会審査よりも審査に通りやすくなります。

これは、楽天カードの利用実績を元に「信用できる人」と楽天カード側が判断することができるためです。

 

もちろん、楽天カード時代に延滞などがある場合逆に審査が不利になってしまいますが、しっかりと利用・返済を繰り返す事で楽天プレミアムカードの審査が有利に進みますよ。

楽天プレミアムカードの審査が心配という方は楽天カードから申し込みコツコツと利用実績を積み上げていくことをおすすめします。

楽天カードの入り口は他カードと比較して緩め

楽天カードの入会審査は他クレジットカードと比較し比較的緩めとなっています。

また、クレジットカードの利用状況は他クレジットカード会社とも共有されるため楽天カードを作り利用実績を積めば他クレジットカードの審査も有利なものとなります。

 

楽天プレミアムカードの審査に落ちてしまったとしても、楽天カードなら審査に通る可能性があります。

楽天カードで利用実績を積み上げていくのもおすすめです。

楽天カード


11年連続顧客満足度ナンバーワンの実績を持つカード

楽天カードは「日本版顧客満足度調査」で11年連続1位を獲得した実績を持つ年会費永年無料のクレジットカードです。

公共料金の支払いなど、どこで使ってもポイント還元率1%と非常に高く、楽天市場での利用ならさらにポイント還元率がUPし、還元率が3%以上となるため、とにかくポイント還元率が高いクレジットカードを持ちたい方へとてもおすすめできるクレジットカードです。

楽天カードの審査も通らないなら「他クレジットカード」でクレヒス修行

どうしても楽天プレミアムカードや楽天カードの審査に通らないと言う方は他クレジットカードでクレジットヒストリー(信用)を積み上げていくのがおすすめです。

 

クレジットカード会社の審査基準は各社異なり、たまたま楽天カードとの相性が悪かっただけという可能性も十分に考えられます。

例え楽天カードの審査に通過しなかったとしても、他クレジットカード会社の審査ならば通過する可能性もあります。

 

さらに、他クレジットカードでしっかりと利用実績を積み上げクレジットヒストリーを積み上げていくことで楽天カードの審査にも通過しやすくなりますよ!

楽天プレミアムカード公式ページはこちら

楽天プレミアムカードは入会審査よりも「途上与信」が厳しい

楽天カードは入会審査よりも途上与信が厳しいことで有名です。

途上与信とは、カード契約中の審査のことで、

  • 自社カードの利用状況
  • 他社カードやローンの借入状況
  • 他社を含むカードやローンの延滞情報

などを審査します。

 

この途上与信の段階で自社や他社カードの延滞がある場合、最悪の場合は強制解約となってしまいます。

楽天カードや楽天プレミアムカードを無事発行できた後もしっかりと遅れずに返済をしていくようにしてください。

楽天カードの審査落ちを防ぐための7つのチェックポイント

check

ここまでの間に楽天プレミアムカードの審査基準について詳しく解説させていただきました。

ここからは楽天プレミアムカードの審査落ちを防ぐためにしておきたい対策について解説させていただきます!

 

楽天プレミアムカードの審査に落ちないためにしておきたい対策としては下記の通りです。

  1. 楽天関連サービスをたくさん利用する
  2. クレジットヒストリー(信用)を積み上げる
  3. 他社からの借入額を繰り上げ返済する
  4. 申込時に「キャッシング」の希望額を0円にする
  5. 短期間に複数枚のクレジットカードを申し込む「多重申し込み」をしない
  6. 嘘はNG!申し込み情報を正確に入力する
  7. スコアリングの点数(属性)を意識する

それではそれぞれ詳しく解説させていただきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

審査落ち対策1.楽天関連サービをたくさん利用する

一般的に楽天カードは楽天サービスの利用状況も審査に影響すると言われています。

例えば、過去に楽天銀行のローンで延滞を起こしていればやはり楽天カードの審査は通りにくくりますし、逆に楽天銀行に預金がたくさんあればそれだけでも支払い能力の証明になり楽天カードの審査に良い影響を与えます。

 

やはり楽天としても自社サービスを愛用していただいているお客様は大切にしたいですし、多少ぎりぎりのラインだったとしても「楽天サービスをよく利用してくれているから」という温情発行になる可能性もなきにしもあらずです。

審査基準はブラックボックスですが、機会審査がぎりぎりで人間の審査に切り替わった場合、やはり楽天サービスの利用度も多少考慮されるはずです。

 

楽天プレミアムカードをどうしても発行したいけれど審査にとおるかどうか不安という方は楽天サービスを使い込んでから申し込む事をおすすめします。

審査落ち対策2.クレジットヒストリー(信用)を積み上げる

クレジットヒストリーとは今現在の借入金額や過去の返済状況をまとめた記録のことを言います。

クレジットヒストリーはCICやJICCといった指定信用情報機関に記録されており、略して「クレヒス」と呼んでいる人も多くいます。

 

特に、日本にあるすべてのクレジットカード会社はCICに加盟しており、CIC加盟カード会社や消費者金融など借入金額、返済履歴などを各社で共有しています。

そのため、楽天カードを発行し延滞してしまうとすべてのカード会社で共有されてしまい、その逆もまたしかりです。

 

また、指定信用情報機関には「延滞した」という記録以外にも「期日通りに返済した」という情報も記録されています。

この「期日通りに返済した」という記録である「$」を積み上げてくことでクレジットヒストリーが溜まっていきますよ!

審査落ち対策3.他社からの借入額を繰り上げ返済する

楽天カードはCICなどに登録されている信用情報を参照し、他社借入金額などを簡単に把握することができます。

そのため、他社借入金額があまりにも多いと「この人にカードを発行しても大丈夫かな?」と思われてしまい、楽天プレミアムカード発行の審査に不利に働きます。

 

逆に、他社借入金額が少なければ「しっかりとお金の管理ができる人」という印象を与えることができ、人間による審査はもちろん、機械による自動審査の場合でも有利に働きます。

ただし、返済したという記録が登録されるまで1か月程度のタイムラグがあるため、繰り上げ返済をしてから1か月後くらいに申し込むのが良いでしょう。

 

楽天プレミアムカードの審査に通るか不安という方は先に繰り上げ返済を行う事をおすすめします。

審査落ち対策4.申込時に「キャッシング」の希望額を0円にする

楽天プレミアムカード申込時に「キャッシング希望額」を入力する必要があります。

この際あまりに大きな金額を希望しすぎると「総量規制」という法律に引っかかってしまい、審査に不利になってしまう場合があります。

総量規制とは、貸金業者からの借入上限額を年収の3分の1以下にするというものです。

 

また、あまりに多額なキャッシングの希望を出してしまうとカード会社に「お金に困っている人なのかな」という印象を与えてしまいます。

さらに言えば、キャッシングは後からでも追加できるため確実に審査に通すためにも「キャッシングの希望金額を0円にする」という事を覚えておきましょう。

審査落ち対策5.短期間に複数枚のクレジットカードを申し込む「多重申し込み」をしない

CICなどの指定信用情報機関にはクレジットカードやカードローンの申し込み情報も半年間記録されます。

そのため、他社カードを申し込んでいる事実は楽天カード側からも簡単に把握できてしまうのです。

 

短期間にたくさんのクレジットカードを申し込む事を「多重申し込み」と言い、多重申し込みは審査に大きくマイナスの影響を与えます。

多重申し込みをしていなければ審査に通過するクレジットカードも、多重申し込みが原因でNGとなってしまうこともあるので、クレジットカードの申し込みは多くても一ヶ月に一枚程度が良いでしょう。

審査落ち対策6.嘘はNG!申し込み情報を正確に入力する

クレジットカードの申し込み情報の部分で年収を水増ししたり、他社からの借入金額を実際の金額より低くしてもばれないのではと思われている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、それは審査にマイナスの影響を与えるだけなので絶対にやめましょう。

 

カード会社はさまざまな情報を保有しています。

 

例えば、あなたが楽天カードへ申告した会社で働いている別の同じくらいの年齢の人間が年収300万円と申告したのにも関わらず、あなたの申告した年収が500万円だったらカード会社は不審に思うわけです。

また、借入金額はCICなどの情報を見れば一発で分かってしまいます。

 

クレジットカードは信用によって発行している以上、嘘をつくような人間が審査に通過する事は決してありません。

虚偽の申告をしないことはもちろん、申し込み完了する前に入力内容に間違いがないのかしっかりと確認してから送信するようにしてください。

審査落ち対策7.スコアリングの点数(属性)を意識する

楽天プレミアムカードは基本的に自動審査でカード発行の可否を決めています。

その証拠に、当サイト管理人は楽天プレミアムカードを申し込んでから一分も経たないうちに審査通過のメールをいただく事ができました。

人間の審査なら不可能です。

 

楽天カードは「スコアリング」というシステムを採用しており、入力されたさまざまな情報に点数をつけ、一定の点数に到達すれば審査に通過させるというやり方を採用しています。

スコアリングでは年収や勤続年数などさまざまな項目を考慮し決定されますが、ここでは一番大きなウェイトを占める項目をご紹介させていただきます。

返済能力の証明になる「年収」

やはり年収は高いに越したことはありません。

年収は「返済能力」の指標として、スコアリングの大きなウエイトを占める審査項目になります。

 

ただ、当サイト管理人の場合は年収180万円で申告しても審査に通過する事ができました。

このことからも楽天プレミアムカードの審査は年収以外にもしっかりと考慮してくれている事が分かりますね。

 

当サイト管理人の場合、過去の楽天カードの利用実績や他社カードの利用実績が考慮された事が大きな勝因だったのではないかと考えています。

信用度につながる「勤続年数」

勤続年数は「安定した収入がある」事の証明になります。

やはり仕事をころころ変えている人よりも同じ会社で長い間勤めている人の方がカード会社も安心してお金を貸すことができますよね。

 

そのため、楽天プレミアムカードの審査に残念ながら落ちてしまったという方はもう少し今の会社での勤続年数を積み上げ、その後再チャレンジしてみる事をおすすめします。

お金の管理がしっかりできていることの証明「クレジットヒストリー」

この記事では何度かご紹介させていただいているように、クレジットヒストリーは今現在の借入状況やカードやローンの契約状況、過去の返済情報をまとめた書類のことを言います。

クレジットヒストリーを見れば、

  • 現在の契約状況(契約会社・限度額など)
  • 現在の借入状況
  • 延滞情報
  • 支払い情報

などがまとまっており、延滞情報などは丸わかりの状態になっています。

もちろん、延滞なんてしていれば審査に大きなマイナスの影響を与えてしまい、楽天プレミアムカード発行への道のりは遠のいてしまいます。

 

そのため、普段からクレジットヒストリーを意識し、延滞情報を残さず、支払い情報を積み上げていきましょう!

固定電話はそこまで審査に影響を与えない

固定電話の有無も審査に影響を与えるとする記事が多数見受けられますが、これだけ携帯電話が普及してきた現在、固定電話の有無がカード発行の審査に大きな影響を与えることはありません。

ただし、携帯電話番号は必須です。

必ず連絡の取れる電話番号をひとつ以上用意しておくようにしてくださいね。

楽天プレミアムカード公式ページはこちら

楽天プレミアムカードの審査時間やスピード

time

この章では楽天プレミアムカードの審査時間や審査スピードについて解説させていただきます。

楽天プレミアムカード発行の際の参考にしてくださいね。

楽天カードの審査スピードやカード発行手続きはスピーディー

楽天プレミアムカードの審査ではスコアリング審査システムを採用しており、スコアリングの点数に問題がなければ自動審査のみでカード発行することが可能です。

また、スコアリングシステムによる自動審査で審査に通過すれば申し込んだ瞬間に審査に通過する事もあります。

 

楽天プレミアムカードは審査からカード発行までのスピードも非常に速く、オンライン口座振替を利用していれば申し込みからカード到着まで3日ほどで完了することもあります。

急いでカード発行したい場合でも安心ですね。

属性次第では人による審査も

楽天プレミアムカードの自動審査に残念ながら落ちてしまった場合人による審査に切り替えられる場合があります。

その際の審査時間は審査の混み具合にもよりますが1週間程度の時間が必要になってきます。

 

自動審査から人による審査に切り替えられた場合1週間程度時間がかかってしまう場合もあるので、注意してくださいね。

楽天プレミアムカードの審査状況は「オンライン」から確認可能

パソコン

楽天プレミアムカードの審査基準はインターネット上から確認する事ができます。

その際下記3点の情報が必要になります。

  • カード申し込み受け付けID
  • 生年月日
  • 電話番号の下4桁

なお、カード申し込み受け付けIDは楽天プレミアカード申込時のメールに記載されているので確認してみてください。

楽天プレミアムカード審査状況の確認はこちら

楽天プレミアムカードの審査からカード受取までの流れ

ポスト

楽天プレミアムカードの審査からカード受取までの流れをご紹介します。

楽天プレミアムカードは下記手順で簡単に申し込む事ができますよ!

  • 楽天プレミアムカードの申し込み
  • 楽天カードによる審査
  • 審査結果の通知(メール)
  • 本人限定受取郵便・簡易書留・または受取人サポートでカード受取

簡単にまとめると、申し込んで審査に通過すれば家で待っているだけでカードを受け取ることができます!

ただし、受け取るときに本人確認書類が必要になってくる場合もあるので注意してくださいね。

楽天プレミアムカードが審査落ちしてしまう原因とは?

審査

楽天プレミアムカードの審査に申し込んだけれど残念ながら審査に落ちてしまった。

そんな方はどこに原因があるのでしょうか。

 

この章では楽天プレミアムカードが審査落ちしてしまう原因を詳しくご紹介していきます。

ぜひ楽天プレミアムカード申し込みの際の参考にしてくださいね。

過去に金融事故を起こしてしまったことがある

過去に自己破産や民事再生といった金融事故を起こしてしまったことがあるという方は楽天プレミアムカードの審査に落ちてしまう可能性があります。

また、自己破産や民事再生をしたという記録はCICに5年間の間保持され、楽天カードからも確認できるようになっています。

 

そのため、もし万が一過去の金融自己起こしてしまった事があるという方は金融自己を起こしてしまった日から5年間の間はクレジットカードを作れない可能性が高いです、

どうしてもクレジットカードを持ちたいという方は過去のクレジットヒストリーよりも現在の属性を重視する傾向の強い「AmericanExpressカード」がおすすめです。

楽天カードからの在籍確認に応じなかった

楽天カードからの在籍確認の電話に応じなかった場合も楽天カードの審査に落ちてしまう原因となります。

 

やはりカード会社としても入力された会社に本当に勤めているか分からない人にカードを発行する事はできません。

例え審査基準を満たしていたとしても「在籍確認ができなかったから」という理由で審査に落ちてしまうことになる可能性も十分に考えられます。

 

楽天プレミアムカードへ申し込む前に勤務先へ在籍確認が来るかもしれない旨を一言伝えておくと安心ですね。

楽天プレミアムカード公式ページはこちら

楽天プレミアムカードの審査に落ちてしまったら再申し込みまで半年は空けよう

月末

楽天プレミアムカードの審査に残念ながら通過できなかった場合、再度申し込むまでの期間は半年ほど空けるのがベストです。

理由としては、審査落ちすぐ申し込んだとしても審査に通過する確率はほぼ0に等しいですし、申し込み履歴にも記録されてしまいます。

 

年間の間に副業などを始めすこしでも年収を上げる努力をしたり、他社からの借入がある場合繰り上げ返済をしたりするなどして信用情報をより良いものへ変えていけるよう努力するのが良いでしょう。

そのためにも、楽天プレミアムカードを再申し込みするまでに必要な期間は半年以上空けるのがベストと言えます。

 

また、どうしても発行できない場合「家族カード」という形もおすすめです。

楽天プレミアムカードの家族カードなら本カード会員の信用情報を元に発行されるためブラックの方でも持つ事ができますよ!

関連記事

楽天プレミアムカードは年会費11,000円(税込み)で持つ事のできるとてもお得なクレジットカードです。また、楽天プレミアムカードは年会費550円(税込み)で発行できる「家族カード」が用意されています。 家族カードは[…]

楽天プレミアムカード_家族カード

楽天プレミアムカードの審査は怖くない!一度挑戦してみよう

いかがでしたでしょうか。

結論、楽天プレミアムカードの審査は他ゴールドカードと比較し優しいと言えます。

 

もし楽天プレミアムカードを申し込み審査に落ちてしまったとしてもCICなどの信用情報機関には半年間しか記録が残ることはありません。

もし楽天プレミアムカードが本気で欲しいのならば、一度申し込んでみることをおすすめします。

 

実際当サイト管理人も20歳の誕生日当日にダメ元で申し込んでみましたが、無事審査に通過する事ができました。

勇気を持って挑戦してみてくださいね。

楽天プレミアムカード


プライオリティパスが無料付帯

楽天プレミアムカードは通常年会費が4万円以上するプライオリティパスが無料付帯なのにもかかわらず、年会費たった11,000円(税込み)で持てるお得すぎるクレジットカードです。

食事やドリンク食べ飲み放題のラウンジが使えるのはもちろん、海外旅行保険も充実しており、旅行や出張が多い方におすすめできる一枚です!

 

広告
楽天プレミアムカード審査基準
この記事が参考になったら「フォロー」をお願いします✩