ココザストランクルーム投資

【年利回り6%】ココザス株式会社の「次世代型トランクルーム投資」がすごい!

ココザストランクルーム投資

最近の株式市場はとても不安定で怖いですよね。

かといって、銀行預金や国債でもらえる金利はごくわずかです。

そんな方におすすめしたいのが、ココザス株式会社の提供する「次世代型トランクルーム投資」です。

 

結論、ココザス株式会社のトランクルーム投資なら年間利回り6%を安定して受け取り続けることができます。

さらに、資金の流動性もとても高く、3%の手数料を支払うことでいつでも現金化することが可能です。

要するに、半年以上運用すれば確実にプラスになるのがココザス株式会社の提供する「次世代型トランクルーム投資」なのです。

 

ただし、すべての投資にはリスクがつきものです。

ココザス株式会社の提供する「次世代型トランクルーム投資」にもリスクがついています。

そこでこの記事では、ココザス株式会社の提供する次世代型トランクルーム投資についてわかりやすく解説していきます!

これを見れば一目で分かる!ココザス株式会社の次世代型トランクルーム投資

一目で分かる!

\ 気になる箇所をタップしよう /

トランクルーム投資のメリット

トランクルーム投資のデメリット

ココザス株式会社の「次世代型トランクルーム投資」とは

\年利回り6パーセント固定の定期預金/

豚の貯金箱
豚の貯金箱
これから「ココザス株式会社の次世代型トランクルーム投資」について深く掘り下げていくよ!
ぜひ最後までご覧いただき、参考にしてくれれば嬉しいな。

トランクルーム投資とは

トランクルーム

トランクルームビジネスとは、物を預けるビジネスのことです。

トランクルーム投資とは、トランクルームビジネスへ投資することを言います。

トランクルーム投資のメリット

トランクルーム投資のメリットは大きく下記3点です。

  • 利回りが非常に高い
  • 管理を委託すれば何もしなくてもOK
  • 長期間にわたり運用する事ができる

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

トランクルーム投資は「利回り」が高い

トランクルーム投資の大きなメリットのひとつに「利回りの高さ」が挙げられます。

トランクルーム投資の利回りは年15%~25%と非常に高利回りが期待できます。

そのため、比較的投資金額の回収を早くすることができますよ。

 

一般的な銀行預金の金利は0.0001%ほどとなっており、S&P500や日系225など、一般的なインデックス投資の平均利回りは年5%~6%ほどと言われています。

そのため、トランクルーム投資の年間利回り15%~25%というのはかなり魅力的な利回りですよね。

トランクルーム投資は「管理」を外部に委託することができる

トランクルーム投資のメリットのひとつに「管理」を外部へ委託することができる事が挙げられます。

そのため、管理する手間がかかりません。

管理を任せることで管理費が発生してしまいますが、何もしなくても収益を得ることができます。

 

ただし、トランクルーム投資も「ビジネス」であることに変わりはありません。

管理を任せたからと言って集客が上手くいく保証はどこにもないのです。

すべての投資にはリスクがつきものであることを忘れないでくださいね。

トランクルーム投資なら「長期にわたり運用」する事ができる

トランクルーム投資は不動産投資などと違い、築年数が経ったからと言って賃料が下がることがありません。

不動産投資は「住居スペース」を提供するビジネスなので、もちろん劣化した物件の家賃は下がってしまいます。

しかし、トランクルームビジネスの場合は「物を置くスペース」を貸し出すビジネスのため、劣化したからと言って家賃が下がることがないのです。

 

そのため、一度の投資で長期間の間運用していくことができます。

不動産投資を考える前に「トランクルーム投資」を検討してみるのも面白いかもしれませんね。

トランクルーム投資のデメリット

利回りが高く管理も不要で長期間運用できるトランクルーム投資ですが、その裏にはデメリットも隠されています。

トランクルーム投資の主なデメリットとして、

  • 集客が難しい
  • 初期費用が高い
  • 事業継続不能リスク

これらが挙げられます。

それぞれ詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

トランクルーム事業は「集客」が難しい

トランクルーム事業は「認知がされづらい」という特徴があります。

基本的にオープン初日に満室になることはありません。

そのため、事業開始直後は「赤字」になってしまう可能性もあります。

 

また、トランクルーム事業を自分自身の土地でやっている場合はまだ良いですが、借地でトランクルーム事業をやっている場合はお客さんがいなかったとしても家賃を支払う必要があります。

そのため、初期投資額+ランニングコストを用意する必要があり、集客できていない間の資金繰りに注意する必要があります。

トランクルーム事業の「初期費用」が高い

トランクルーム事業を始めるにあたり数百万円から1千万円近くの初期費用が必要です。

また、多くの場合銀行からの融資を受けることができずに「現金一括」で支払う必要があります。

 

収納ピットなどの「フランチャイズ」の場合、借り入れる事も可能ですが、毎月支払う「ロイヤリティ」が発生してしまい、ランニングコストが高くなってしまいます。

上手く銀行から借り入れる事ができれば良いですが、不動産投資に比べて銀行からの融資を受けづらいのが大きなデメリットとなります。

トランクルームの「事業継続不能リスク」

トランクルーム投資を借地でやる場合は「事業継続不能リスク」にも注意する必要があります。

たとえば、契約更新時に契約を打ち切られてしまったり、契約途中であっても契約を解除して欲しい旨を伝えられるかもしれません。

借地でトランクルーム投資をやる場合は、大家さんの都合により「事業継続が不可」となってしまうリスクもあります。

 

ただし、途中で契約を解除されてしまう可能性や契約を打ち切られてしまう可能性はごくわずかです。

延滞なくしっかりと家賃さえ支払っていれば、契約打ち切りになってしまう可能性は限りなくゼロに近いので、こういったリスクもあるんだなと頭の片隅に入れておいてください。

ココザス株式会社の「次世代型トランクルーム投資」はメリットをそのままにデメリットを解消!

check

ココザス株式会社の提供する「次世代型トランクルーム投資」とは、従来のトランクルーム投資のデメリットをできる限り取り除いたものとなります。

トランクルーム投資の「高利回り」「管理の簡単さ」「長期間運用可能」というメリットはそのままに、「集客がしにくい」「初期費用が高い」「事業継続不能リスク」を解消した投資商品が次世代型トランクルーム投資です。

ココザス株式会社がトランクルーム投資のデメリットを解消できる理由

では、なぜココザス株式会社は従来のトランクルーム投資のデメリットを解消することができたのでしょうか。

ココザス株式会社が従来のトランクルーム投資のデメリットを解消できた理由として、

  1. ある程度稼働している中古物件を仕入れるから、「集客」に困らない
  2. ココザスがまとめて仕入れて小分け販売するから「初期費用」が安い
  3. 数の力で「事業継続不能リスク」を回避

この3点が挙げられます。

それぞれひとつひとつ解説させていただくので、参考にしてくださいね。

ある程度稼働している中古物件を仕入れるから「集客リスク」を解消

ココザス株式会社ではすでにある程度稼働している中古物件を仕入れています。

次世代型トランクルーム投資では、ある程度利用者が集まっているトランクルームを仕入れるため、集客リスクを回避することができます。

 

ココザス株式会社の行っている「次世代型トランクルーム投資セミナー」では、ココザス株式会社の「コネ」を使いすでにある程度利用者のいるトランクルームを仕入れることができると説明されていました。

これは、ココザス株式会社だからこそできる大きなメリットですね。

ココザスがまとめて仕入れて小分け販売するから「初期費用が安い」

トランクルーム投資を行うためには数百万円から一千万円ほどの「初期費用」が必要になってくると説明させていただきました。

しかし、ココザス株式会社の提供する「次世代型トランクルーム投資」なら数十万円から始めることができます。

 

では、なぜ数百万円必要なトランクルーム投資が数十万円からできてしまうのでしょうか。

それは、ココザス株式会社がまとめてトランクルームを仕入れ、それを小分けにして我々投資家へ提供しているからです。

次世代型トランクルーム投資の初期費用が安い理由を図にまとめてみたので、ぜひ参考にしてくださいね。

次世代型トランクルーム投資

このように、ココザス株式会社がトランクルームをまとめて仕入れて、それを小分けにして販売することで初期費用が高いというデメリットを解消しています。

上記の図ではわかりやすいよう、10個のトランクルームを1,000万円で仕入れた例を挙げさせていただきましたが、実際は30万円ほどから次世代型トランクルーム投資を始めることができます。

ただし、トランクルームの仕入れ状況により価格は変動するため、興味がある方はココザス株式会社へ問い合わせてみてください。

 

また、ココザス株式会社へ次世代型トランクルーム投資に関する詳しい説明を受けたい場合、下記リンクより「無料FP相談」を申し込んでください。

その際にトランクルーム投資をやりたい旨を伝えましょう!

ココザス株式会社の「FP」へ無料で相談する

数の力で「事業継続不能リスク」を軽減

ココザス株式会社は数多くのトランクルームを運営しています。

そのため、たとえひとつのトランクルームに空室が出てしまったとしても、稼働中のトランクルームから収益が発生しているため安定して収益を上げ続けることが可能です。

 

具体的に言えば、10個のトランクルームを運用している人が1つの空室を出してしまうと稼働率は90%となってしまいます。

しかし、100個のトランクルーム運用している人が5つ空室を出してしまっても、稼働率は95%となります。

 

このように、数を多くすればするほど空室が出てしまった際のダメージが少なくなり、安定した経営を行う事ができるのです。

ココザスでは数の力で事業継続不能リスクを回避しています。

次世代型トランクルーム投資の利回りは「6%」

ココザス株式会社の次世代型トランクルーム投資の平均利回りは年6%です。

そのため、1年間の間トランクルーム投資で100万円を運用した場合、年間6万円の収益を得ることができます。

では、年6%という利回りは高いのでしょうか。

  • 銀行預金
  • 国債
  • インデックス投資

この3つを比較してみました。

なお、実際の投資収益には20.315%の税金が発生しますが、ここでは税引き前の金額でご紹介していきます。

銀行預金の金利は「年0.0001%」

銀行預金の金利は年0.001%ほどとなります。

そのため、1年間の間100万円を銀行預金で運用した場合、10円の収益を得る事ができます。

日本国債の利回りは「年0.8%」・米国債の利回りは「年1.6%」

日本国債の年間利回りは「年0.8%」、米国債の年間利回りは「年1.6%」となっています。

そのため、1年間の間100万円を日本国債で運用した場合、8,000円の収益が、米国債で運用した場合16,000円の収益を得る事ができます。

ただし、米国債の場合は為替相場の変動により上下する可能性があるため、注意する必要があります。

インデックス投資の平均利回りは「年5%程度」

S&P500や日系225など「インデックス投資」の平均利回りは年5%程度と言われています。

ただし、インデックス投資は銀行預金や債券と違い、確定した利回りではないので注意してください。

1年間の間100万円を年利回り5%で運用できた場合は、50,000円の収益を得る事ができます。

次世代型トランクルーム投資のリスクは「ココザスの倒産」

とっても魅力的な「次世代型トランクルーム投資」ですが、大きなリスクも隠されています。

それが、ココザス株式会社の倒産リスクです。

もし万が一ココザス株式会社が倒産してしまった場合、投資元本が返ってこなくなってしまうリスクがあります。

 

しかし、ココザス株式会社はどんどんと成長しており、千葉テレビの「ホリプレゼンツ求人任三郎がいく!」でも紹介されています。

倒産リスクは限りなく低いと思っても大丈夫ですよ。

トランクルーム投資を始めるまでの流れ

ココザス株式会社の提供する「次世代型トランクルーム投資」

とっても高利回りでリスクも低く、「やってみたい」と思われた方も多いのではないでしょうか。

 

ココザス株式会社の「次世代型トランクルーム投資」は一般では募集していません。

ココザス株式会社のトランクルーム投資をやってみたい方は「次世代型トランクルーム投資セミナー」へ参加するか、ココザス株式会社の無料FP相談の中で申し込む必要があります。

ぜひ、下記リンクより詳しい説明を聞いてみてくださいね。

ココザス株式会社の「FP」へ無料で相談する

\年利回り6パーセント固定の定期預金/

資産形成をしなければならない理由

資産形成

今の時代「資産形成」が必須な時代となりました。

では、なぜ資産形成をしなければならないのでしょうか。

資産運用をしなければならない理由として、

  • 老後2,000万問題のリスク
  • 将来の介護リスク
  • 投資をしないことへのリスク

これらに備える必要があるからです。

それでは、それぞれ詳しく解説していくのでぜひ参考にしてくださいね。

老後2,000万円問題の解消

金融庁に設置された金融審議会「市場ワーキング・グループ」による報告書によると、老後30年間の間に2,000万円必要になるとの試算が提示されています。

この問題のことを「老後2,000万問題」と呼び、各地で物議を醸し出しています。

 

老後2,000万問題を乗り越えるためにも、国に頼らず自分自身で資産形成をしなければなリません。

老後2,000万問題を解決するためのひとつの手段として「トランクルーム投資」がおすすめです。

将来の介護リスクに備えた貯金

日本人の平均寿命は男性80.98歳、女性87.14歳です。

しかし、日本人の健康寿命は男性72.14歳、女性74.79歳と言われています。

大正製薬_健康寿命と平均寿命

大正製薬ホームページより引用

健康寿命とは、心身共に不自由なく暮らせることを指します。

しかし、男性の場合8.84年間の間、女性の場合は12.35年間、不健康な状態になってしまう可能性があるのです。

そうなれば、当然介護が必要な状態になってしまう可能性もあります。

 

老後2,000万問題とは別に、将来発生するかもしれない「介護のリスク」にも備えておく必要があります。

ちなみに、有料老人ホームへ入ろうとすると一時金だけでも500万円ほどになり、かなり高額な出費となります。

投資をしないリスクの解消

リスクを負いたくないから投資なんてやらない。

そんな風に考える方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、投資をやらないこと自体にも「リスク」は発生していることをご存じでしたか?

リスクはマイナスではなく「不確実性」のこと

リスク=マイナスなもの。

そのように考える方がとても多いですが、リスクはマイナスのことではありません。

 

金融の世界においてリスクとは「不確実性」のことを指します。

図に「リスク」についてまとめたので、ぜひ参考にしてくださいね。

リスクとは

このように、リスクとはプラスになる要因とマイナスになる要因のことを言います。

もし万が一リターンしかない金融商品や投資を案内された場合「詐欺」である可能性を疑いましょう。

意外と知らない?銀行預金もリスク商品

先ほどリターンしかない金融商品や投資は「詐欺」であるとお伝えさせていただきました。

しかし、「銀行預金」ならリスクなく金利を受け取れるから、リターンしかない金融商品ではないか。

そのように考えられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、銀行預金にも「リスク」が隠されています。

銀行預金はリスクと引き替えに、年0.001%のわずかな金利を得ることができているのです。

銀行倒産のリスク

銀行預金最大のリスクは「銀行の倒産」です。

もし万が一銀行が倒産した場合、「預金保険機構」により一口座あたり1,000万円まで保証されています。

しかし、1,000万円以上預金していた場合どうなるかわかりません。

 

さらに、預金保険機構に保証されているからといって銀行倒産後すぐに引き出せるわけではありません。

そのため、資金の流動性が著しく悪くなるといったリスクが隠されています。

インフレリスク

インフレとは、物の価値が上がりお金の価値が下がることを言います。

 

たとえば、今現在リンゴ一個100円で購入できたとします。

しかし、1年後リンゴ一個買うのに110円必要になりました。

これが「インフレ」です。

 

額面上の金額は同じなので損をしていないように感じますが、インフレになると物を買う際にインフレ前よりも多くのお金が必要となるのです。

日銀は年2%のインフレ目標を掲げていますが、今現在の銀行預金は0.001%ほどですよね。

そのため、銀行預金ではインフレリスクに対応できず、額面上の金額は同じでも将来的に預金が目減りしてしまうリスクがあるのです。

次世代型トランクルーム投資で資産形成しよう!

いかがでしたでしょうか。

この記事ではココザス株式会社の提供している「次世代型トランクルーム投資」についてわかりやすく解説させていただきました。

 

少なからず次世代型トランクルーム投資にも「ココザス倒産のリスク」がついています。

また、ココザスの倒産リスクは限りなく低いと言えます。

そのため、それ以上に毎年6%のリターンというのは魅力的なのではないでしょうか。

 

次世代型トランクルーム投資についての詳しい説明はココザス株式会社の実施している無料の「次世代型トランクルーム投資セミナー」にて聞くことが可能です。

次世代型トランクルーム投資セミナーへは無料で参加することが可能なため、ぜひ参加し、あなたの資産形成の参考にしていただければと思います。

 

また、ココザス株式会社ではトランクルーム投資以外にもさまざまなセミナーを開催しています。

ぜひ、こちらの記事と併せて参考にしてくださいね。

関連記事

千葉テレビの「ホリプレゼンツ求人任三郎がいく!」でも紹介された急成長のベンチャー企業「ココザス株式会社」をご存じでしょうか。ココザス株式会社では「ワクワク、生きる」という経営理念をもとに、「人々の経済的自由度を高め、人生を豊[…]

最高の財テクセミナー

\年利回り6パーセント固定の定期預金/

マネーリテラシーを身につけよう!おすすめ無料セミナー
各セミナーは人気のため、すでに販売終了している場合があります
そのため、個別相談をおすすめします

残念ながら私たち日本人の「マネーリテラシー」は諸外国と比較しとても低いと言われています。

しかし、マネーリテラシーは自分自身の人生をより豊かにするためにも必須の知識です。

そこでおすすめしたいのが、本物のお金のプロである「ファイナンシャルプランナー」からしっかりとお金の知識を得る事です。

得する情報館おすすめのお金に関する下記セミナーはすべて「無料」で申し込む事ができます。

より良い人生を歩んでいくためにも、信頼できるFPからしっかりとしたお金の知識を盗んでいきましょう!

\FP相談・住宅相談・転職相談が無料で可能/

給料が増えなくても真似するだけで貯蓄が2倍に増える「最高の財テク講座」
主催:ココザス株式会社

このセミナーでは普段使いであなたの人生をより豊かにするような「財テク術」を学ぶことができます。

世の中「知っているか、知らないか」で大きな差が出てきます。

このセミナーを受けることで、

  • クレジットカードやキャッシュレスサービスの活用方法
  • ポイントの活用方法
  • 固定費の削減方法
  • 節税方法

など、簡単にできる「財テク術」を学ぶことができ「知らなかった」事による損失から身を守ることができます!

「給料が増えなくても真似するだけで貯蓄が2倍に増える最高の財テク講座」の無料受講はこちら

『FPによるお金の教養』知らなきゃ失敗するお金の正しい知識
主催:ココザス株式会社

このセミナーでは「老後2,000万問題」を解決するために役立つ金融知識をわかりやすく解説していきます。

このセミナーを受講することで、

  • 何にいくらお金が必要なのか
  • 失敗しないためのコツ
  • 正しいお金の管理
  • 間違わない保険の選び方

など、理想の人生に近づくために必要な正しいお金の知識を学ぶことができます!

「FPによるお金の教養 知らなきゃ失敗するお金の正しい知識セミナー」の無料受講はこちら

年6%の定期預金?次世代型トランクルーム投資セミナー
主催:ココザス株式会社

このセミナーでは安定して年利回り6%を実現可能な「次世代型トランクルーム投資」について分かりやすく解説しています。

このセミナーを受講することで、

  • 株式のように値動きに左右されない投資
  • 定期預金と同じ感覚で年利回り6%を得ることができる投資
  • 毎月収益が分配される投資

である、「次世代型トランクルーム投資」を知ることができます。

次世代型トランクルーム投資セミナーはこちら

\FP相談・住宅相談・転職相談が無料で可能/

広告
ココザストランクルーム投資
この記事が参考になったら「フォロー」をお願いします✩