楽天カード

楽天カードは2枚持ちすることが可能!二枚持ちする際の注意点やおすすめの組み合わせ

楽天カード

年会費が永年無料でポイント還元率も高い「楽天カード」ですが、2枚持ちする事はできるのでしょうか?

固定費と変動費で支払いカードを分けたい場合や、実店舗とリアル店舗で支払いカードを分けたい場合など「クレジットカードの2枚持ちをしたいな」と考えた事がある方も多いのではないでしょうか。

 

クレジットカード2枚持ちするなら、楽天カードにこだわらなくても別のカードを申し込めば良いじゃん」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、同じ種類のクレジットカードを持つ事でポイントをまとめられるというメリットがあります。

そのため、ポイントの管理が楽になるのはもちろんポイントが貯まりやすいので高額商品との交換も容易になりますよ。

 

この記事では楽天カードを2枚持ちする方法やおすすめの2枚目の組み合わせをご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき参考にしてくださいね。

これを見れば一目で分かる!楽天カードの二枚持ち

一目で分かる!

\ 気になる箇所をタップしよう /

楽天カード


11年連続顧客満足度ナンバーワンの実績を持つカード

楽天カードは「日本版顧客満足度調査」で11年連続1位を獲得した実績を持つ年会費永年無料のクレジットカードです。

公共料金の支払いなど、どこで使ってもポイント還元率1%と非常に高く、楽天市場での利用ならさらにポイント還元率がUPし、還元率が3%以上となるため、とにかくポイント還元率が高いクレジットカードを持ちたい方へとてもおすすめできるクレジットカードです。

豚の貯金箱
豚の貯金箱
これから「楽天カードの2枚持ち」について深く掘り下げていくよ!
ぜひ最後までご覧いただき、参考にしてくれれば嬉しいな。

楽天カードは二枚持ちが可能

楽天カードのメリットとデメリット

結論、楽天カードはメインカードが「VISA」の場合に限り2枚持ちする事が可能です。

1枚目の楽天カードと2枚目のカードはポイントが合算されるため、ポイントの管理の手間も増えません。

異なるブランドで2枚持ちすることで、それぞれのブランドの良いところ取りをすることができますよ。

楽天カード二枚持ちの概要

ここでは楽天カード2枚持ちの概要をご紹介していきます。

楽天カード2枚持ちする際の知っておきたい点は主に下記4点となります。

  • 楽天VISAカードのみ2枚持ち可能
  • 複数のカードで貯めた楽天ポイントは合算
  • 利用限度額は2枚のカードで合算
  • 利用明細はそれぞれのカードで共有

それではそれぞれ詳しくご紹介させていただきます。

ぜひ参考にしてください。

楽天カードの「VISAブランド」のみ2枚持ちが可能

楽天カードで2枚持ちをしたい場合1枚目の楽天カードが「VISAブランド」である必要があります。

それ以外の「Masterブランド」や「JCBブランド」「AmericanExpressブランド」といった国際ブランドでは2枚持ちをすることができません。

 

もうすでに楽天VISAカード以外のブランドで楽天カードを持っており2枚持ちをしたいという方は、一度一枚目のカードを解約し改めて楽天VISAカードを申し込んでください。

2枚目として選べるのは「Master」「JCB」ブランドのどちらか

楽天カードの2枚目として保有できる国際ブランドは「マスターカード」か「JCB」のいずれかとなります。

「アメリカンエクスプレス」や「ビザ」を2枚目のカードとして選択することはできないので注意してくださいね。

楽天カード公式サイトはこちら

複数のカードで貯めたポイントは一つの楽天アカウントに合算可能!

2枚目の楽天カードで貯めたポイントは1枚目の楽天カードアカウントに付与されます。

そのため、1枚目の楽天カードと2枚目の楽天カードでポイントを合算することガでき、ポイントの管理の手間が増えません。

 

楽天カードとJCBカードWのように異なるクレジットカードで2枚持ちをした場合、それぞれのカードにポイントが貯まるため、ポイントが分散してしまいます。

また、それぞれのカードでポイントの有効期限を意識しなければならず大変です。

 

同じクレジットカードで2枚持ちする事で、そのようなデメリットを解消することができますよ。

利用可能限度額は2枚のカードで共有される

楽天カードを2枚持ちした場合それぞれのクレジットカードで利用可能限度額が設定されるのではなく、2枚のカードで利用可能限度額が共有されます。

イメージとしては下記の通りです。

楽天カード2枚持ち

利用可能枠一枚目と二枚目のカードで共有されているため、一枚目を使った分と二枚目を使った分の合計金額が利用可能枠から差し引かれます。

二枚目の楽天カードを作ったからと言って利用限度額がアップするわけではないので注意してくださいね。

利用明細はそれぞれのカードで共有される

一枚目の楽天カードと二枚目の楽天カードの利用明細はそれぞれのカードで発行されます。

そのため、どのカードでどれくらいお買い物したのか簡単に把握することができ、とても便利ですね。

二枚目の楽天カードはほぼ審査なしで発行可能!

楽天カード一枚目発行時にすでに審査が完了しているため、二枚目はほぼ審査なしで持つ事ができます。

 

しかし、異なる国際ブランドで2枚目を持つ場合は再度審査が必要になります。

これは、国際ブランドごとに審査基準が異なるためです。

 

しかし、他社カードも含め延滞なくクレジットカードを利用していれば審査に落ちる事はほとんどないでしょう。

そのため、安心して2枚目の楽天カードを申し込んでくださいね。

関連記事

楽天カード2,000万人以上の会員を抱える大人気クレジットカードです。また、楽天カードの審査の特徴として、取得への難易度を下げ、その代わりに途上与信をしっかりと行って、会員を選別している事が挙げられます。入会審査の難易度は低いで[…]

楽天カード審査基準

楽天カード二枚持ちのメリットやデメリット

メリット・デメリット

ここでは楽天カードを2枚持ちするメリットやデメリットを紹介します。

楽天カード2枚持ちする際の参考にしてくださいね。

楽天カードを二枚持ちするメリット

メリット

楽天カード2枚持ちする事で得られるメリットは大きく下記3点です。

  • 楽天カードのデザインが選べる
  • 楽天カードを用途別に使い分けられる
  • 一般カードとゴールドカードの組み合わせも最強

それではそれぞれ詳しく解説させていただきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

楽天カードのデザインが選べる

楽天カードカードデザイン

楽天カードには豊富なデザインが用意されています。

2枚の楽天カードを持つ事で、さまざまな楽天カードのデザインを楽しむことができますよ。

 

ただし、2枚目のカードで選ぶことのできるデザインは、

  • お買いものパンダデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン
  • FCバルセロナデザイン

こちらの3種類のみとなっています。

そのため、一枚目のカードで二枚目で選べないデザインを選び、二枚目で上記のデザインのカードを選ぶことをおすすめします。

楽天カードを用途別に分けて使い分けられる

複数枚のクレジットカードを持つメリットとして「用途別に使い分けることができる」ことが挙げられます。

例えば、固定費と変動費で分けて支払ったり、実店舗とインターネット通販で分けて利用したりという使い方ができます。

楽天カードの場合、それぞれのカードで利用明細が発行されるため今月の固定費はいくらで変動費がいくらなど簡単に把握することができますよ。

 

また、インターネットで使うクレジットカードとリアル店舗で使うクレジットカードを分けることでセキュリティを高めることができます。

やはりインターネット上にクレジットカード情報を入力するのは不正利用リスクを高めてしまいます。

また、実店舗でしか利用していないはずのクレジットカードへインターネットショップから課金があればすぐに不正利用だと気づくことができます。

 

このようにクレジットカードを使い分けることでさまざまなメリットを受けることができます。

また、片方のカードが磁器不良などで急に使えなくなってしまった際にも二枚あれば安心ですよ!

関連記事

楽天カードを使おうと思ったのにエラーが出て使えない。インターネット上での利用時ならまだしも、リアル店舗のレジで定員さんから「このカードは使えないみたいですね。」と言われるのはあまり良い気持ちがしませんよね。恥ずかしいのはもちろん[…]

楽天カード 使えない時の対処法

ゴールドカードとの組み合わせも可能

楽天カードは一般カードとゴールドカードもしくはプレミアムカードの二枚持ちを行う事ができます。

 

通常一般カードからランクの高いカードへ切り替える場合「カード番号」が変更になってしまいます。

そのため、ランクアップの切り替えの際に楽天カードで支払っていた継続課金のサービス料金支払いが滞ってしまう場合があります。

ゴールドカードの追加という形にすれば、今まで使っていた楽天カードを解約することなくゴールドカードが持てるため、そのようなリスクがなくなりますよ。

 

一時的にゴールドカードを追加発行して、楽天カードで支払っていたサービスの支払い方法の変更を行ってから今まで使っていたカードを解約する使い方も良いですね。

楽天カード公式サイトはこちら

楽天カード二枚持ちする事によるデメリット

ここでは楽天カードを2枚持ちする事によるデメリットをご紹介していきます。

主なデメリットとしては下記3点です。

  • 2枚目のカードで新規入会特典を受けることができない
  • 楽天ETCカードは1枚のみしか発行できない
  • カードの管理が大変になる

それではそれぞれ詳しく解説していきますね。

ぜひ楽天カード2枚持ちする際の参考にしてください。

2枚目のカードで新規入会特典は受けられない

1枚目の楽天カードであれば5,000ポイント~8,000ポイントほどの豪華入会特典を受け取ることができます。

が、2枚目の楽天カードの場合入会特典は対象外となってしまいます。

 

そのため、入会得点狙いで2枚目の楽天カードを持とうしている方はあきらめるのが賢明です。

ETCカードは1枚のみしか発行できない

楽天ETCカードは楽天ビジネスカード保有者を除き一人一枚までとなっています。

そのため、楽天カードを2枚持ちしても楽天ETCカードは一枚までしか持てないの注意してくださいね。

関連記事

楽天カードは年会費無料で持てるクレジットカードですが、楽天カードでETCカード発行したい場合年会費500円が必要です。しかし、楽天ETCカードは高速道路利用時にも1%のポイント還元を受けられたりととてもお得に使って行くことができます[…]

楽天ETCカード

カードの管理が大変になる

楽天カードを2枚持ちすると言うことは単純にクレジットカードが一枚増えることになります。

そのため、二枚持ちする事によって紛失や盗難のリスクが高くなってしまいます。

二枚持ちするな楽天VISAカードとJCBカードの組み合わせがおすすめ

楽天カードを持つなら「VISA」と「JCB」の2枚持ちがおすすめです!

JCBカードは日本国内や電子マネーのチャージに特化しており、ビザカードは加盟店数に長けています。

また、JCBは海外での加盟店数が少ないですが、VISAならば世界中どこでも決済を行うことが出来ます。

 

そのため、もし楽天カードの2枚持ちを考えている場合、VISAカードとJCBカードの2枚持ちがおすすめです!

VISAとJCBの2枚持ちなら国内でも海外でも便利に使うことが出来ますよ!

シーンに応じたカードの使い分けでお得なクレジットカードライフを送ろう

いかがでしたでしょうか。

この記事では「楽天カードの2枚持ち」について詳しく解説させていただきました。

 

楽天カードの2枚持ちを行うことでさまざまなメリットがあることが分かりましたね。

ぜひ楽天カードの特典を知り尽くしてお得なクレジットカードライフを送ってくださいね。

 

給料が上がらないのにも関わらず税金や社会保障費のみが上がり続けている現在日本人の可処分所得は下がり続けています。

悲しいことですが、少しでも自由に使えるお金を増やすためにも少しでもお得に生活できるようとことん追求していきましょう!

広告
楽天カード
この記事が参考になったら「フォロー」をお願いします✩