無駄な節約術

節約する事が逆に貧乏への入り口に?実は意味ない節約7選【効率的に節約しよう】

無駄な節約術

少しでも毎月発生する費用を安くしていきたいですよね。

しかし、あなたが少しでも安くしようと一生懸命行っている節約は「意味ない」かもしれません。

 

もちろん、意味ない節約を続けても労力の無駄でしかないわけです。

では、「意味のない節約」とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

 

この記事では「意味の無い節約」についてわかりやすく解説していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、意味のない節約から「意味のある節約」へと変え、効率的に節約していきましょう!

目次

「意味の無い節約」について一目でわかる!

一目で分かる!

\ 気になる箇所をタップしよう /

豚の貯金箱
豚の貯金箱
これから「やっても意味ない無駄な節約」について深く掘り下げていくよ! ぜひ最後までご覧いただき、参考にしてくれれば嬉しいな。

意味の無い節約①:ケチな節約

節約

確かに、1円でも節約をすればお金を浮かせたことになります。

ただ、1円が浮いたところでできることは限られますよね。

 

もちろん、1円単位の節約の全てが意味ないわけではありません。

しかし、ケチな節約ならやめたほうがいいのです。

「ケチな節約」の例

  • 節電のためにパソコン画面を薄暗くする
  • シャンプーの残りが少ないため、水に薄めて無理やり使う
  • 鼻水が垂れてきたが、ティッシュを使わずに手で拭う

などが「ケチな節約」の例になります。

数円程度の得にしかならない場合、それは「ケチな節約」の可能性があるでしょう。

ケチな節約は意味ない

例えば、鼻水が垂れてきたもののティッシュを使わずに手で拭ったとします。

この場合はティッシュ1枚の費用を浮かせたことになりますね。

 

ではティッシュ1枚の値段っていくら程度になるのでしょうか?

おそらくティッシュ1枚の値段は1円未満ですよね。

 

1円未満を浮かせるために、ティッシュを使わないなんてケチでしかないはずです。

また、ティッシュを使わずに手で拭ったら、不快さすら感じてしまいますよね。

このような節約は意味ないと考えることができるでしょう。

人に言えない節約をしてはいけない

「私はティッシュ1枚を使うのも惜しいんです」と友人に言えるでしょうか。

また「1円を浮かせるためなら不快すら我慢します」などと言えるでしょうか。

おそらく「ケチだ」「意味ない」と思われるのを恐れて、言うことはできないはずです。

 

「人に言えない節約=後ろめたい」ということになるでしょう。

やはり堂々と誇れない節約などしないほうがいいはずです。

生活費の節約は些細な心がけが大切!毎日コツコツ生活費を削減しよう

ケチな節約を重ねても意味ない!

ケチな節約を何度も重ねれば、大きなお金になりそうなものです。

例えば、「1日1円の節約」を1年間続ければ、365円のお金にすることができますよね。

では、1年間ケチになり続けて得た365円は大金だと言えるのでしょうか?

 

残業を20分だけすれば、365円など簡単に稼げてしまいますよね。

「1日1円のケチな節約×365回」よりも、「残業20分×1回」のほうが楽なはずです。

だからこそケチな節約は重ねても意味ないと言わざるを得ないでしょう。

節約に執着しないことが大切

お金を貯めていきたいのであれば、節約を習慣化することが大切です。

しかし、節約に執着してしまったら「ケチな節約」につながってしまいます。

 

何らかの節約術をするときに、後ろめたさを感じてしまうとします。

そんなときには「ケチになっていない?」と自問自答してみましょう。

 

また人に隠したくなるような節約術をしているとします。

この場合もケチになっていることを懸念してみるべきでしょう。

【保存版】すごい固定費の節約術22選【携帯料金・電気料金も!】

意味の無い節約②:時給換算すると割に合わない節約

お金・時給・お給料

節約をする以上は手間がかかるものですよね。

やはり「この節約は面倒だな~」と感じることもあるでしょう。

 

もし、時間がかかると思える節約をしているのなら、考え直すいい機会ですよ。

仮に時給換算をすると割に合わない節約をしているとします。

この場合は「意味ない節約をしている」と考えるようにしてください。

「時給換算すると割に合わない節約」の例

コーラが欲しくなったとします。

目の前の自販機にはコーラが150円で売られています。

一方で徒歩20分先のスーパーだとコーラは100円で売られています。

 

この場合、スーパーでコーラを買ったら50円節約したことになりますね。

しかし「20分を犠牲にして50円を浮かせた」と考えることもできるでしょう。

では「20分を犠牲にして50円を浮かせる」というのは割に合う行動でしょうか?

 

20分の犠牲を労働と捉えた場合、20分を犠牲にして50円を浮かせる=20分労働して50円を得る=時給150円の労働となり、「時給150円の労働をした」ということになります。

何らかのアルバイトをすれば、時給1,000円など簡単に稼げてしまいますよね。

そのためスーパーに行って50円安いコーラを買うという節約は意味ないと考えていいでしょう。

「働いたほうが節約になる」という場面に要注意

東京都の最低賃金(時給)は約1,000円になります。

つまり、東京都で1時間のアルバイトをすれば、誰でも1,000円を稼げるわけです。

 

やはり時給換算して1,000円未満にしかならない節約術は意味ないと言えるでしょう。

  • 15分頑張っても250円未満しか浮かない
  • 1時間頑張っても1,000円未満しか浮かない
  • 3時間頑張っても3,000円未満しか浮かない

上述したような節約術をするくらいなら、働いたほうが割に合うということですね。

面倒な節約術だと思ったら「時給換算」してみよう

面倒だと感じる節約術は時間をかけている可能性が高いでしょう。

もし、そのような節約をしているのであれば時給換算してみてください。

 

そして、割に合わないと感じたら意味ないと捉えてその節約をやめましょう。

「こんな節約するくらいなら働いたほうがマシだ」と思えることもあるでしょう。

そのように思うということは、節約が労働以上の負担になっていると考えられるわけです。

 

これでは日常生活にも著しい負担が生じてしまいますからね。

そのため労働以上の負担になる節約はキッパリと切ってしまうべきなのです。

意味の無い節約③:実は浪費している節約

買い物・浪費

「節約アイテムを買う」といった具合に、節約をするためにお金を使うことがありますよね。

実は、そんな節約のためにお金を使った結果、浪費してしまうこともあるのです。

余計にお金を使ってしまうなんて完璧に意味ない節約になってしまいますよね。

「実は浪費している節約」の例

  • 遠くの激安スーパーに行って、かなりのガソリン代を使ってしまう
  • 生ものをまとめ買いしたのにも関わらず、使いきれずに破棄してしまう
  • 電気代を浮かせるために、キャンドルの灯りで過ごす

例えば、電気代を浮かせたいと思ってキャンドルの灯りで過ごしたとします。

キャンドル1個あたりの料金は、安く見積もって15円程度でしょうか。

仮に、キャンドルの灯りで3時間を過ごしたら「15円」を使ったことになります。

 

一方で、部屋で3時間電気をつけた場合電気代はだいたい「8円」になります。

つまり快適な電気を使ったほうが安く済むわけですね。

そのため、「キャンドルの灯りで過ごす」というのは意味ない節約になるでしょう。

手間を楽しむためにお金をかけるのは問題ない

例えば、キャンドルの灯りを楽しみたいのならそれにお金をかけてもいいでしょう。

確かに、電気とキャンドルを比べた場合、「キャンドルのほうが不便」となってしまいます。

しかしあえてキャンドルを使うという楽しみ方もあるのです。

 

「部屋のムード作りをする」「アロマを垂らして香りを堪能する」といった感じですね。

このようにキャンドルが好きであるのなら、それにはお金をかけてもいいでしょう。

 

一方で節約をしたいと思っているとします。

この場合、キャンドルは全く意味ないので、惜しみなく電気を使いましょう。

節約のためにお金を使っているのなら注意しよう

「節約のためにお金を使うこと」の全てがいけないわけではありません。

例えば、節約グッズを購入した結果お金を浮かせられることがありますからね。

 

例えば1,000円の節約グッズを購入したとします。

それなのにも関わらず、トータルで1,000円未満の節約しかできなかったとします。

この場合、全くお金は貯まっていないため意味ない節約になってしまうのです。

 

大切なことなので何度も言いますが、節約のためにお金を使う場面があるでしょう。

そんなときには「これは浪費では?」と自問自答する癖をつけたいですね。

そして「浪費だろう」と思えるのなら、その節約は潔く諦めるようにしてください。

意味の無い節約④:エコバッグを常に所持する節約

エコバッグ

「エコバッグを使う節約術はほぼ意味ないのでは?」と私は感じています。

確かにエコバッグを持参すればレジ袋代を浮かせることができます。

しかし「毎回のようにレジ袋を買ってもいいのでは?」と私は思うのです。

 

ただ当記事では地球環境の面についての考察はしておりません。

あくまでも節約という視点からのみ「エコバッグはいらないこと」を提案させていただきます。

「エコバッグを常に所持する節約」の例

  • いつでも買い物後のレジ袋を断れるよう、常にエコバッグを持ち歩く

というのが「エコバッグを常に所持する節約」の例になります。

例えば普段はエコバッグを持ち歩かないとします。

そんな中で、買い物に行くときだけエコバッグを持っていくとします。

 

このように、限定的にエコバッグを持ち歩く場合それは「エコバッグを常に所持する節約」にはなりません。

 

一方で、「いつ買い物をするかわからないから」と常にエコバッグを持ち歩くとします。

「仕事のとき」「遊びのとき」といった具合に、常にエコバッグを持っている感じですね。

 

このような場合は「エコバッグを常に所持する節約」をしていることになります。

そして「このような節約は意味ない」と私は思うのです。

レジ袋は3円程度で意外と安い

レジ袋の値段は3円程度ですよね。

つまり、エコバッグを使ったところで一回あたり3円程度の節約にしかならないわけです。

 

仮に3日に1回ほどスーパーに行くとします。

この場合、毎回のようにレジ袋を買っても1年で400円程度しかかかりません。

 

エコバッグを常に持ち歩こうとすると、意外とかさばってしまいますよね。

最終的には私の持論になってしまうのですが「エコバッグを持ち歩くくらいなら、3円のレジ袋を買ったほうがいい」と私は思うのです。

エコバッグを持たないという選択もアリ

エコバッグを持ち歩くことに不便さを感じているとします。

この場合は「エコバッグを常に持つべきか?」と自問自答してみるといいでしょう。

 

社会の流れに従うよう、当然のようにエコバッグを持ち歩く人は多いはずです。

しかし、エコバッグを使うかどうかについては、社会の常識など関係ないでしょう。

人それぞれ、考え方・価値観・生活スタイルなどは異なりますからね。

 

そのため「エコバッグを使わずレジ袋を購入する」という選択をしてもいいはずです。

ぜひ「エコバッグを常に持つ」と「レジ袋を3円で買う」を天秤にかけてみてください。

もし「レジ袋を3円で買う」に軍配が上がったのなら、エコバッグは不要になるでしょう。

車移動がメインならエコバッグを積んで損はない

ただ、車移動がメインな生活を送っているのならエコバッグを活用してもいいでしょう。

車にエコバッグを積んでおいても、全くかさばることはありませんからね。

 

つまり、主な移動手段が徒歩でないのならエコバッグはストレスの原因にならないのです。

車にエコバッグを積んでおき、買い物のときにそれを使えばいいわけですからね。

ぜひ、車移動がメインであるのならエコバッグを積んでおくようにしましょう。

意味の無い節約⑤:健康を害しやすい節約

病院

節約をするということは、何かを制限するということにもつながります。

ただ、制限をした結果として健康を害してしまったら「意味ない」と言わざるを得ません。

「節約をして不健康になってしまう」というのは絶対に避けなければいけないのです。

「健康を害しやすい節約」の例

  • 部屋が寒すぎるのにも関わらず、暖房をつけずに過ごす
  • 疲れているのにも関わらず、電車代を浮かせるために長距離を歩いて帰る
  • 靴代が勿体ないからと破れかけたシューズでジョギングする

などが「健康を害しやすい節約」の例ですね。

 

例えば健康のためにジョギングをしているとします。

そんな中でシューズが破れかけてきたとしましょう。

破れかけたシューズでジョギングをしたら怪我のリスクが高まりますよね。

 

最悪の場合は、何の変哲もない地面で転んで骨折をしてしまうかもしれません。

そのため、このような「健康を害しやすい節約」は意味ないと考えるようにしてください。

医療費がかさむ=節約した意味ない

健康を害して病院に通うことになったら、医療費がかかってしまいますよね。

例えば、破れかけたシューズでジョギングをして、骨折をしたらどうなるでしょうか。

状況によっては万単位のお金が飛んでいってしまうわけです。

 

数千円のシューズ代をケチった結果、万単位のお金を失うわけです。

また、骨折をしたら生活は不便になりますし自由に使える時間だって短くなります。

まさに、節約のために健康を害するというのは本末転倒な意味ない節約になるでしょう。

健康体あっての節約生活でもある

多くの節約術は健康体があるからこそできるはずです。

例えば、骨折をしてしまったら、思うように行動できません。

生活に多くの支障が出るため、時間的余裕も少なくなってしまいます。

 

また、些細な風邪をひいたときなんかも、行動や時間の余裕がなくなってしまうでしょう。

余裕がなくなるとさまざまな節約術ができなくなってしまいますよね。

 

節約生活のためにも健康体を維持することが大切です。

だからこそ不健康になってしまうような意味ない節約は避けていくべきなのです。

「健康>節約」という思考になろう

何らかの節約術をするときに、体に負担がかかっていると感じたとします。

もし「これは不健康になるかも」と思ったら、その節約術は躊躇なくやめてください。

 

また、節約を実践するにあたっては、体のみならず心の健康も大切になってきます。

そのため、「精神的に苦しい」と感じる節約術も、躊躇なくやめるべきでしょう。

 

お金を貯めることは大切ですが、それ以上に健康であることが大切なのです。

だからこそ「(心と体の)健康>節約」という思考になるようにしてください。

意味の無い節約⑥:安物買いの銭失いを体現している節約

セール・割引き・バーゲン

節約生活を送っていると、必然的に安い商品に目がいってしまうでしょう。

ただ「安物買いの銭失い」になってしまったら、余計にお金がかかってしまいます。

これでは節約はできていないので、「意味ない」となってしまうわけです。

「安物買いの銭失いを体現している節約」の例

  • 格安動画配信サービスに登録したが、時間がなくて全く利用していない
  • 激安になっている野菜を買ったらすぐに腐ってしまった
  • 低価格の商品を買ったが数日で壊れてしまった

などが「安物買いの銭失いを体現している節約」の例になるでしょう。

 

例えば1本100円の傘を買ったとします。

その傘が1日で壊れてしまったら、「安物買いの銭失い」になりますよね。

数千円の傘を買って、それを数年かけて使ったほうが、結果的には安く済みますからね。

 

「安物買いの銭失い」というのは、無駄遣いをした状況になります。

まさに無駄にお金を使ったことになるため、意味ない節約になるのです。

安い商品を買うことだけが節約ではない

確かに節約をするにあたっては、安い商品が大きな味方になるでしょう。

しかし、安い商品がすぐに使えなくなったら、新たに購入しなければいけません。

これではどんどんお金が減ってしまいますよね。

 

「安い商品が壊れるたびに何度も購入する」というのは節約ではありません。

ときには「高値でも長く使える商品を買う」というのも、立派な節約術になってくるのです。

長く使えるものを購入しよう

「これ欲しい!」と思えるような商品を見つけたとします。

まずは長く使えるかどうかを見極めるようにしてください。

 

例えば100円のボールペンを見つけて、「これ欲しい!」と思ったとします。

この場合は「100円のボールペンだけど長く使えるか?」と自問自答してみるのです。

長く使えると思えるのであれば購入していいでしょう。

 

一方で、すぐに壊れそうだと感じたら、購入をやめることをおすすめします。

本当にすぐ壊れてしまったら、「安物買いの銭失い」になりますからね。

これでは意味ない節約になってしまうわけです。

きちんと長く使えるかどうかを、見極める癖をつけていきましょう。

【簡単節約術】節約の鍵は「所有数の目安」にあった!無駄遣いを減らす方法を解説

サービス利用前には熟考しよう

例えば、月額500円の動画配信サービスを見つけ「安い」と思ったとします。

安いわけですから、あまり考えずに登録してしまう人は多いでしょう。

 

しかし、全く動画を見なかったら「安物買いの銭失い」になるわけです。

サービス利用前には「本当に利用するのか」ということを熟考するようにしてください。

また、何らかのサービスに登録すると、それを忘れてしまう場合が多々あるものです。

 

例えば動画配信サービスに登録したものの、それを全く利用していなかったとします。

この場合「登録したことを忘れて気づいたら1年が経つ」なんてザラにあることでしょう。

録したことを忘れてしまったらさらにお金が飛んでいってしまいます。

やはり、何らかのサービスに登録したのなら、忘れないようメモしておくべきでしょう。

意味の無い節約⑦:将来のチャンスを狭める節約

チャンス

節約をするということは、何かを制限することにつながるわけです。

しかし、いくら節約をするからといって将来のチャンスまで制限してはいけません。

 

例えば、今お金を使って学べば将来は資産家になれるかもしれないわけです。

一方で、節約のために学ぶことを諦めたら、資産家にはなれないでしょう。

節約をすることは大切ですが、それ以上に将来のチャンスを捨てないことが大切なのです。

「将来のチャンスを狭める節約」の例

  • 副業成功のために最先端のパソコンを買いたいが、高いため購入を諦める
  • 遠方に転職したい企業があるが、面接の交通費が高いから諦める
  • 資格を取得したいと思ったが、テキスト代などがかかるため諦める

などが「将来のチャンスを狭める節約」の例になるでしょう。

 

今お金を使えば、将来が明るくなるかもしれないわけです。

そんな将来のチャンスまでも諦める節約は、意味ないと考えるしかありませんね。

節約をした結果将来の収入が低下することも

例えば「簿記資格を取りたい」と思ったとします。

しかし「節約してるからテキスト代が勿体ない」と思い、資格取得を諦めたとします。

この場合は簿記資格を取ることができないわけです。

 

簿記資格を取っていれば、少し給料の高い企業から採用されたかもしれませんよね。

この場合、「節約のために資格取得を諦め、将来の収入アップを逃した」となるわけです。

 

まさに資格取得を諦めた結果、将来のチャンスを狭めたことになるわけですね。

このような節約は意味ないので、絶対に避けるようにしてください。

成長の妨げになる節約も意味ない

例えば転職活動をしているとします。

そんな中で好条件の企業を見つけたものの、そこまでの距離が遠いとします。

「交通費が高くなるから」という理由で面接を受けるのを諦めたらどうなるでしょう。

 

好条件の企業で働けるチャンスを、みすみす逃すことになりますよね。

節約のためとはいえ、将来の成長を制限することも絶対にいけません。

成長を制限する節約も意味ないので行わないようにしてください。

自己投資を大切にしていこう

節約は未来の可能性を削ってまですることではありません。

「将来を犠牲にする節約」「成長の妨げになる節約」などは絶対にしてはいけないのです。

 

ぜひ、節約をするときには「未来の可能性を削っていないか」と考えてみてください。

そして、未来の自己投資のためであるのなら、惜しみなくお金を使うようにしてください。

 

確かに、未来のためとはいえお金を使うのには勇気がいるんですけどね。

しかし、多くの成功者は「自己投資のためにお金を使えば、何らかの形で返ってくる」といった類の言葉を残していますからね。

ぜひ、自己投資のために使うお金は惜しまないようにしてください。

「意味ない節約」を意味あるものへ変えていこう!

意味ない節約を7つ紹介させていただきました。

意味ない節約は無駄でしかないので、極力避けるようにしてください。

 

また、意味ない節約をした結果、余計にお金を使ってしまうこともあります。

このような事態にならないように、充分に注意をして

マネーリテラシーを身につけよう!おすすめ無料セミナー

残念ながら私たち日本人の「マネーリテラシー」は諸外国と比較しとても低いと言われています。

しかし、マネーリテラシーは自分自身の人生をより豊かにするためにも必須の知識です。

そこでおすすめしたいのが、本物のお金のプロである「ファイナンシャルプランナー」からしっかりとお金の知識を得る事です。

得する情報館おすすめのお金に関する下記セミナーやFPへの相談はすべて「無料」で申し込む事ができます。

より良い人生を歩んでいくためにも、信頼できるFPからしっかりとしたお金の知識を盗んでいきましょう!

給料が増えなくても真似するだけで貯蓄が2倍に増える「最高の財テク講座」
主催:ココザス株式会社

このセミナーでは普段使いであなたの人生をより豊かにするような「財テク術」を学ぶことができます。

世の中「知っているか、知らないか」で大きな差が出てきます。

このセミナーを受けることで、

  • クレジットカードやキャッシュレスサービスの活用方法
  • ポイントの活用方法
  • 固定費の削減方法
  • 節税方法

など、簡単にできる「財テク術」を学ぶことができ「知らなかった」事による損失から身を守ることができます!

「給料が増えなくても真似するだけで貯蓄が2倍に増える最高の財テク講座」の無料受講はこちら

年6%の定期預金?次世代型トランクルーム投資セミナー
主催:ココザス株式会社

このセミナーでは安定して年利回り6%を実現可能な「次世代型トランクルーム投資」について分かりやすく解説しています。

このセミナーを受講することで、

  • 株式のように値動きに左右されない投資
  • 定期預金と同じ感覚で年利回り6%を得ることができる投資
  • 毎月収益が分配される投資

である、「次世代型トランクルーム投資」を知ることができます。

次世代型トランクルーム投資に関する詳しい説明は下記リンクより無料で受講することが可能です。

次世代型トランクルーム投資セミナーはこちら

『FPによるお金の教養』知らなきゃ失敗するお金の正しい知識
主催:ココザス株式会社

このセミナーでは「老後2,000万問題」を解決するために役立つ金融知識をわかりやすく解説していきます。

このセミナーを受講することで、

  • 何にいくらお金が必要なのか
  • 失敗しないためのコツ
  • 正しいお金の管理
  • 間違わない保険の選び方

など、理想の人生に近づくために必要な正しいお金の知識を学ぶことができます!

「FPによるお金の教養 知らなきゃ失敗するお金の正しい知識セミナー」の無料受講はこちら

また、各セミナーはとても人気のためすでに募集を終了している場合もあります。

その場合、ココザス株式会社のFPへ資産運用はもちろん、転職のことなど幅広く無料相談することができます。

ぜひこちらもご活用ください。

\FP相談・住宅相談・転職相談が無料で可能/

広告
無駄な節約術
この記事が参考になったら「フォロー」をお願いします✩
>マネーリテラシーを身につけよう

マネーリテラシーを身につけよう

老後2,000万問題が叫ばれている現在、老後に備えて資産形成していくことがとても大切ですが、残念ながら私たち日本人の「マネーリテラシー」は諸外国と比較しとても低いと言われています。
そこでおすすめしたいのが、学校では教えてくれないけれど生きていくうえでとても大切な「お金の知識」を学ぶことです。
お金の教養講座は、63万人以上が受講したマネーセミナーの決定版であり、投資信託や株式投資、外貨投資FXや不動産投資の仕組みや失敗しないポイントなどを特定の企業や商品に偏らない中立な立場で有益な情報を知ることができます。