知っていて損はない

【金欠の人必見!】誰でも簡単!お金を貯める方法

更新日:

貯金方法!

皆さんこんにちは、得する情報館管理人です。

 

貯金したいけど、お給料日前には口座残高がすっからかん。

貯金したいのに、できない。

僕・私はなぜこんなにも貯金することができないんだ!

 

こんな悩みを抱えている方も少なくないと思います。

 

お金を貯めるには「出ていくお金を減らすこと」と「入ってくるお金を増やすこと」が大切です。

 

しかし、そうはいってもその方法が分からないからいつも金欠なんだ!

そんな方も多くいると思います。

 

そこで今回は「簡単にできる貯金術」をご紹介していきます!

まずは自分の現状を把握しよう

お金を貯めていくにあたり一番大切なこと、それは自分の今の現状を把握することです。

  • 自分の収入はいくらで
  • 何に対してお金を使っているのか
  • それはほんとうに必要な物なのか

この3点を見つめ直してみましょう。

具体的に言うと「家計簿」をつけることです。

 

すると、いろいろと見えてくる物があると思います。

例えば

  • 食費が多すぎるな...
  • 携帯代高すぎ!
  • これはほんとうに必要だったの!?

など、自分の今の現状がわかってきます。

そこから初めてお金を貯めるための第一歩を踏み出すことができます!

 

ちなみに、オススメの家計簿アプリは「マネーフォワード」です。

固定費を見直そう

毎月決まった金額が出ていく「固定費

固定費さえ安くすることができれば、安くなった金額分だけずっと貯金に回していくことができます。

  • 家賃
  • ネット回線
  • 携帯代
  • 保険料
  • 水道光熱費

などなど、高いな~と感じている物はありませんか?

心当たりがある方は今すぐに見直していきましょう。

 

契約内容を見直すのはとても「めんどくさい」ですよね。

よく分かります。

 

しかし、一回の努力で年間数万円は固定費が節約できるようになるかもしれません。

今すぐに行動してください!

目的別に銀行口座を使い分けよう

目的別に応じて銀行口座を使い分けるようにしましょう。

当館管理人おすすめは

  • 決算用口座
  • 貯蓄用口座
  • 運用用口座
  • 欲しいもの用口座

の4つの口座を作ることをオススメします。

  • 決算用口座は家賃やクレジットカードなどの引落に指定する支払い専用の口座
  • 貯蓄用口座に入れたお金は絶対に使わない
  • 運用用口座の残高から資産運用をする
  • 欲しいもの用口座に入っている金額の中から娯楽費や趣味に使うお金を捻出する

というようにルールを決めましょう。

 

ちなみに下記銀行は当サイト管理人の一押し銀行です!

【おすすめ銀行】

ANAのマイルが貯めたい方におすすめ!
スルガ銀行ANA支店

Tポイントをためたい方におすすめ!
スルガ銀行Tポイント支店

貯蓄用口座におすすめ!
ジャパンネット銀行

運用用口座におすすめ!
住信SBIネット銀行

欲しいもの用口座におすすめ!
ソニー銀行

収入の15%は貯金しよう

お給料をもらったらすぐにATMへ向かいましょう。

そして「貯蓄用口座」へもらった金額の15%を入金するようにしましょう。

 

例えば手取り20万円の人ならば毎月3万円は貯金できるように心がけてください。

収入の10%は運用してみよう

収入の10%は資産運用の資金に使っていきましょう。

今の時代あなたの大切な資産を銀行に預けておいてももらえる物は雀の涙ほどの金利のみです。

 

お給料をもらったら、貯蓄用口座へ入金するついでに「運用用口座」へも入金しとくようにしてください。

 

手取り20万円の人ならば2万円ほどになります。

貯金の3万円と資産運用用の2万円、合計5万円

はじめから手取り15万円しかないと思って生活していきましょう。

 

はじめの方はきついかもしれませんが、人間なれてくる物です。

絶対にできないことはありません!

 

ちなみに、資産運用するのオススメなのは「住信SBIネット銀行」と「SBI証券」のコラボです!

自分へのご褒美は欲しいもの用口座から

支払う物を支払って貯金もした!

お疲れ様でした。

 

あまりのお金は「欲しいもの用口座」へすべて入金しましょう。

そして自分へのご褒美はその口座残高の範囲内で押さえるようにしていきましょう!

タバコを吸わないようにしよう

禁煙者はここの部分は全く問題ありません。

タバコを吸っている方へ考えてもらいたいのですが、一箱400円ほどのタバコ。

 

毎日一箱吸っているとしたら

  • 30日(一ヶ月)で12,000円。
  • 365日(1年)で146,000円。
  • 3650日(10年)で1,460,000円。

もの金額を自分の健康を害するために燃やしていることになります。

 

さらに、タバコを吸うと「脳卒中」や「心筋梗塞」「肺がん」など様々な病気のリスクを高めることになります。

医療費もばかになりません。

 

タバコを買うお金を貯金・投資に回してみてください。

仕事帰りのコンビニ禁止

普段仕事帰りにコンビニによって「お酒」や「ジュース」「お菓子」などを買っている方も多いのではないでしょうか。

仕事終わり、疲れているため買いたくなる気持ちは痛いほどよく分かります。

 

しかし、一回コンビニに寄る都度に500円ほどの出費になりますよね...

これが

  • 30日(1ヶ月)なら15,000円
  • 365日(1年)なら182,500円

もの出費になってしまいます。

仕事帰りコンビニに寄りたくなる気持ちはよく分かるのですが、ぐっとこらえましょう。

一日100円の節約を心がけよう

普段何気なく買っている「ジュース」や「お菓子」「おつまみ」など

その1本・1個を我慢してみてください。

 

たかが1日100円だと思っても

  • 30日(1ヶ月)で3,000円
  • 365日(1年)で36,500円
  • 3650日(10年)で365,000円

というように一日100円節約しただけでも長い目で見るとかなり大きな金額を節約していることになります。

まさに「塵も積もれば山となる」ですね!

収入源を増やそう

会社からのお給料だけが頼り。

そんな方も多いのではないでしょうか。

 

でも、もし会社を辞めなければいけなくなったら?

 

そんなことないよ!

と思うかもしれませんが、倒産するかもしれないし、何か大きなミスを犯してクビになってしまうかもしれない。

 

人生何があるか分かりません。

 

そこで当館管理人は副業」することをオススメしています。

 

はじめに言ったように、お金を貯めるには「出ていくお金を減らすこと」と「入ってくるお金を増やすこと」が大切です。

副業」は「入ってくるお金を増やすこと」につながります。

 

また、近年大企業を始め「副業解禁」の流ができてきています。

副業」をして収入源を増やしていきましょう!

-知っていて損はない

Copyright© 得する情報館 , 2018 All Rights Reserved.