クレジットカード

便利そうに見えて実は危険なリボ払い...リボ払いを辞めた方が良い理由

更新日:

リボ払いは危険です!

リボ払いとは

「リボ払い」とはクレジットカードの支払い方法の一種です。

リボ払いは主に2種類あり、「定額方式」と「残高スライド方式」があります。

それぞれについて見ていきましょう。

定額方式

定額方式は、毎月一定額を支払う方法です。

支払残高が増えたとしても毎月の返済額は変わらないのですが、その代わりに返済期間がどんどん伸びていってしまいます

基本的にリボ払いの手数料はものすごく高いので、長い期間高い手数料を払い続けることになってしまいます。

残高スライド方式

残高スライド方式は、使った金額に応じて返済額が決まる方式です。

例えば下記のように決められているカード会社があるとします。

支払残高 10万円未満 10万以上30万未満 30万以上50万未満
最低支払金額 1万円 3万円 7万円

上記のように決められているクレジットカード会社でリボ払いの「残高スライド方式」を利用し、前月の支払残高が5万円・今月10万使った人がいるとします。

今月の支払額は「15万円」になるので、最低支払金額は3万円と決定します。

もちろんこちらも残り12万円に対して手数料が取られるので、長い期間高い手数料を払い続けることになってしまいます

いずれ限度額へ...

リボ払いを使って、支払額の減額をどんどんと続けていると、いずれかは「限度額」という物に到達してしまいます。

リボ払いで今の返済を楽にしたとしても、いずれ店員さんから「このカードは使えません」と言われてしまう日が来てしまうのです。

リボ払いはカード会社にとって金のなる木

金のなる木 イラスト

リボ払いは上記で理解してもらえたように、利用者からどんどん「手数料」という養分を吸い取ってすくすくと育っていく「金のなる木」です。

カード会社がやけにリボ払いをすすめてくるなと思ったことがある人はいませんか?

例えば...

など、クレジットカードを持っている人ならどこかしらで目にしたことがあると思います。

その理由は、金のなる木を育てるための"種"を集めるためです

金のなる木を育てるためにはもちろん”種”が必要です。

しかし、種さえ集めてしまえば、手数料という養分を与え続けるだけで金のなる木(利益)がどんどんと成長していくわけです。

また、リボ払いの手数料はだいたいどこのカード会社も年利18%ほどかかってしまいます。

100万円をリボ払いで利用したとしたら、単純計算で1年後には約118万円で返済することになります。

たった1年という時間が過ぎただけで、18万円も多く支払うことになってしまうのです。

リボ払いは確かに便利だがよく考えてみよう

外国人風 考える人 画像

確かに、使いすぎたときに支払額を調整できるので、便利ではあるのですがよく考えてみてください。

  • 借金は基本的に返済しない限り減る物ではない
  • お金を借りる=利息がかかる

リボ払いに関してももちろん上記が当てはまります。

リボ払いにしたことによってたしかに”今月は”支払いが楽になるかもしれません。

しかし、リボ払いはあくまで借金を先延ばしにしているだけなので、来月・再来月の支払いがどんどん苦しくなっていきます

すると、今月も払えないからまたリボ払いを利用しよう。今月も利用しよう....

と、悪循環に陥ってしまい、いずれかは限度額に到達してしまい、カードが利用不可になってしまいます。

今月の支払いのことだけを考えずに、来月・再来月の先のこともしっかりと考えてみましょう

リボ払いサービスを逆にこっちが"利用"しちゃおう

ここまでさんざんリボ払いの危険性を訴えてきた得する情報館管理人ですが、実を言うとリボ払いを利用しています....

しかし、カード会社へほとんど手数料は支払っていません

むしろ年会費を割引にしていただいたり、ボーナスポイントをいただいたりしています。

それは、自動リボ払いサービスに登録してリボ払いの返済額=限度額に設定するのです。

僕の利用しているカード会社では自動リボ払いサービスの特典として、年会費割引やボーナスポイントの特典を受けれるのですが、初回のリボ払い残高の支払いには手数料がかかりません

簡単に言うと、10万円使った月があったとして、翌月までにしっかり10万円返済すれば手数料は0円ということです。

このように、自動リボ払いサービスに登録して、一括払い専用カードとして使っていけば、手数料を支払うことなくお得な特典を受けることができるのです

すでにリボ払いの残高が多すぎて困っている方へ

最後に、すでにリボ払いの負のスパイラルに巻き込まれてしまっている方へ、少しでも手数料を安くする方法をご紹介します。

先ほどもお伝えしたとおり、リボ払いの利息は年18%という物が大半です。

なので、それよりも利息が安い物への借り換えをご検討ください。

もちろん借り換えたからと言って元本が減るわけではないですが、利息面で少しでも節約することが可能です。

 

 

お礼
最後までご覧いただきありがとうございました!

本記事があなたの参考になったのなら幸いです。

また、おすすめ記事をご紹介いたします。
合わせてご覧いただければとても嬉しいです!

-クレジットカード

Copyright© 得する情報館 , 2018 All Rights Reserved.