ご訪問ありがとうございます!おすすめサービス・記事をご紹介いたします。合わせてご覧いただければ幸いです。

サービス情報

速度制限対策!格安無制限Wi-Fiを使い通信料金を節約する3つの方法

更新日:

無制限Wi-Fi

皆さんこんにちは得する情報館管理人です。

 

今の時代なくてはならない存在となった「スマートフォン」

会社や友人などへの連絡時にはもちろん、情報収集や予約、料金の支払いまでにもスマートフォンが活躍します。

もっと言えば、最近は家の鍵の施錠や解錠、家電の操作までもがスマートフォンからできてしまいます。

 

今の時代の生活に欠かせない存在となったスマートフォンですが、料金が高すぎる。

うん、本当に高い。

 

携帯料金って高いとは思っていても、結局はそのまま何もせず放置しておくことが多いですよね。

しかし、よく考えればたかが携帯電話に毎月1万円も支払うっておかしくないですか?

 

毎月1万円で

  • 10年間なら120万円
  • 20年間なら240万円
  • 30年間なら360万円

もの金額をスマートフォンの料金として支払うことになるんですよ!?

毎月2,000円でも安くすることができれば、30年で72万円もの節約です。

 

毎月2千円なら簡単に下げることができそうではないですか?

いやいや、もっと携帯料金を下げれるかもしれません。

 

これを放置しておくなんて本当にもったいない。

なぜなら、携帯料金は簡単に下げることができるから。

 

しかし、僕たち人間は不思議なもので考えることを嫌います。

考えた先にメリットがあることが分かっているにもかかわらず、考えることを避けるのです。

 

複雑なスマートフォンの料金プラン。

考えることを避け、携帯ショップの店員さんの言うとおりに契約してしまっている方も多いのではないでしょうか。

 

はっきり言いますが、それではゼッタイに損していますよ!

この記事を参考に、携帯料金を大幅に節約してくださいね。

スマートフォンの通信料金を大きく節約・安くする方法

契約しているプランを見直してみよう

携帯電話のプランはとても複雑で分かりにくいものとなっていますよね。

そこで、携帯電話の料金を大きく4つに分けてみましょう。

  • データ通信料
  • 通話料
  • オプション料
  • 端末代

すると、この4つに分類することができます。

 

どうですか?

節約できそうな部分はありませんか。

 

端末代はもうすでに購入してしまっているため、どうすることもできませんが

  • データ通信料
  • 通話料
  • オプション料

この3つならば節約できそうな気がしてきましたね!

見直しポイント1:本当にそのデータ通信量は必要ですか?

とりあえず「大容量の方が安心だから」という理由のみで、ムダに大容量プランを契約してしまっていませんか?

SoftBankで言えば「ギガ放題」、auで言うならば「スーパーデジラ」、NTTドコモならば「ウルトラデータパック」など、自分には必要ないほど大容量なプランを契約してしまっている方も多いと思います。

 

しかし、それでは本当にもったいない。

  • 外出先で動画をばんばん楽しみたいんだ!
  • 外出先でも通信量をばりばり使うゲームを楽しみたいんだ!
  • 家にWi-Fiがない...

そんな方以外は5GBでも十分です。

 

外出先ではメールやウェブ検索、音楽を聞くことくらいしかしない。

そんな方が大容量プランを契約してももったいないですよ!

 

毎月の通信量を見直すことで1,000円以上携帯料金を下げることが可能です。

見直しポイント2:かけ放題プランは本当に必要ですか?

携帯電話会社のスタッフって何かと「かけ放題プラン」をすすめてきますよね。

以前契約していたSoftBankでもなぜかかけ放題プランに入っていたり、今利用しているauもかけ放題プランをすすめてきました。

 

しかし、正直かけ放題プランはいらないと思います。

 

友人や家族への連絡は「LINE電話」を使えば無料でできますし、会社への連絡も「050」などのIP電話を使えば格安でできてしまいます。

わざわざ料金の高いキャリアの通話サービスを利用しなくても、不便なくスマートフォンを利用できます。

 

どうしてもキャリアの通話サービスじゃなきゃダメなんだ。

そんな方以外はかけ放題プランを外してしまっても良いと思います。

 

かけ放題プランって案外高額ですからね...

見直しポイント3:不要なオプションサービスはないですか?

最後に、一番大きく料金を見直せる可能性があるのが、この「オプションサービス」

 

契約時に「はじめの何ヶ月間はこのオプションが必須となっており...不要の場合〇ヶ月後以降にご自身で解約してください」

このまま解約するのを忘れてしまいずっと放置している。

 

そんなオプションサービスはありませんか?

 

不要なオプションサービスを残しておくことは、使っていないのにもかかわらず、毎月料金が請求されるのと同じことです。

お金を捨ててしまっているようなものですね。

 

これを放置しておくなんて本当にもったいない。

あり得ません。

 

今すぐに、オプションサービスを見直してみましょう。

Wi-Fiとのスマホセット割りを活用しよう

大手キャリアの提供している光回線(Wi-Fi)では、携帯電話とのセット割引が用意されています。

携帯電話とのセット割りを利用することで、料金を1,000円以上下げることが可能です。

しかも、多くの場合携帯電話1台につき1,000円以上下げることが可能なので、家族が多ければそれだけ割引率も高くなります!

  • auならば「au光」
  • SoftBankならば「SoftBank光」
  • docomoならば「docomo光」

ですね!

まとめ

あなたは携帯の料金を下げたくてこの記事を読んでいるのだと思います。

すると、この記事へたどり着くまでに「携帯料金 下げる方法」などと検索して訪問して来てくれたんですよね。

 

そう、あなたはいま

携帯料金を下げたいと思っているのです。

 

だから「検索」という行動を起こしました。

後は行動するのみです。

 

ぜひ、行動して今の携帯料金を1,000から2,000円ほど

大幅に下げてくださいね!

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

今後とも得する情報館をよろしくお願いいたします。

お礼
最後までご覧いただきありがとうございました!

本記事があなたの参考になったのなら幸いです。

また、おすすめ記事をご紹介いたします。
合わせてご覧いただければとても嬉しいです!

-サービス情報

Copyright© 得する情報館 , 2019 All Rights Reserved.