サービス情報 知っていて損はない

魅力的な返礼品が勢揃い!今話題の「ふるさと納税」ができる「ふるなび」とは!?

投稿日:

ふるさと納税のふるなび

皆さんこんにちは働けば働くほど多くの税金を取っていくこの国の制度に少し不満を持っている得する情報館管理人です(笑)

 

最近国内で話題になっている「ふるさと納税

ふるさと納税」すると税金がお得になるって聞いたことはあるけれど、難しそうだから..

いつかやろう。

 

こんな風に思ってしまいずっと一歩踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか。

実際税金関係って複雑でとっても難しいですよね。

 

知らない人は損をして知っている人が得をする。

それが「税金」です。

知っているか知らないのかで大きく変わってくるので、この機会に是非お得で簡単に節税ができる「ふるさと納税」を知っていただければ幸いです。

 

個人的には「知らない人からむしり取る」

こんな税金の制度を変更するべきだと思いますが...

ふるさと納税とは

小さいときに医療サービスや教育サービスなどの様々な行政サービスでお世話になった故郷。

しかし、大人になり都会に移住してしまう人も多いのではないでしょうか。

すると、小さいときあなたのお世話になったあなたの故郷には税収が入りません。

また、都会にばかり税収が集中してしまいます。

 

そこで登場したのが「ふるさと納税」

 

ふるさと納税はあなたの「故郷」に納税(寄付)できることはもちろん自分の好きな自治体に寄付することもできます。

また、ふるさと納税で寄付した金額ー2,000円が「所得税」「住民税」の控除対象となります。

 

しかし「これじゃあ2,000円損するだけなんじゃないの。」や「節税なんてお金持ちだけがする物だから自分には関係ない。」

そう思っている方も多いかと思います。

 

しかし、ふるさと納税をするとその自治体の特産品など豪華な「返礼品」をもらうことができるのです。

自己負担額たった2,000円でA5ランクのお肉や干物、果物やアクティビティなど豪華な返礼品をもらうことができます。

 

お金持ちじゃない方でもしっかりと節税することができますよ(笑)

 

これこそがふるさと納税が人気な理由です!

節税もできてお礼の品がもらえる。とってもお得ですね。

さらに地域貢献もできて一石二鳥です!

どうやってふるさと納税するの?

そんなお得なふるさと納税

いったいどうやってやればよいのでしょうか。

 

前回は「ふるさと本舗」というおいしい特産品の返礼品に力を入れているサイトを利用した方法をご紹介しました。

今回は「ふるなび」というおいしい特産品以外にも様々な返礼品があるサイトを使った方法をご紹介いたします。

経由するサイトが違うだけでほとんどやり方は同じなのですが(笑)

 

ただ、サイトによってふるさと納税できる自治体やもらえる返礼品が違うので様々なサイトを見てみることをおすすめします。

Step1.お得に寄付できる上限金額を知ろう

前回でもご説明しましたが、ふるさと納税には寄付してお得になる上限が存在しています。

 

この上限は人によってさまざまなため、まずは自分がどれくらい寄付したら一番得策なのか調べる必要があります。

こちらから簡単にお得にふるさと納税ができる寄付金額の上限を調べることができるためぜひ一度お試しください。

 

何も考えずにふるさと納税をしてしまうと、自己負担額が2,000円以上になってしまう場合もあるので、絶対に調べてからふるさと納税することをオススメします。

Step2.その金額内で返礼品を探してみよう

Step1であなたのお得にできる上限金額を算出することができました。

次にその金額内でもらえる返礼品を選んでいきましょう。

 

僕・私は返礼品が狙いじゃない!ここの自治体が好きだから寄付するんだ!!

という心優しい方は寄付したい自治体を選んでくださいね。

 

返礼品選び・自治体選びはこちらから可能です。
返礼品・自治体を選ぶ

Step3.ふるさと納税してみよう

上限金額、欲しい返礼品 or 寄付したい自治体が決まったら実際にふるさと納税をしてみましょぅ。

難しそう...と思われていたふるさと納税もやってみればあっという間にできてしまいます。

 

返礼品を選んでから5分もかからずに終わる手続きを行うだけで人によってはかなり大きな節税ができます。

同じ払わなければいけないお金でも、自分の好きな自治体に納税(寄付)ができ、さらに使い道まで指定できる。

さらにさらに、ふるさと納税した金額から2,000円を引いた額を「所得税」「住民税」から控除してもらえるので、自己負担額2,000円でお得な返礼品までゲットできるのです。

 

当たり前のことですが「脱税」は違法でも「節税」は合法ですよ(笑)

一応言っときますね。

Step4.ワンストップ特例制度を利用しよう

ワンストップ特例制度」と聞くと難しそうに思うかもしれませんが、安心してください。

簡単に手続きをすることができます。

 

ふるさと納税のお礼の品が贈られた後A4サイズの書類と返信用封筒が送られてきます。

そこに住所や氏名、マイナンバーなどの必要事項を記載し返信するだけで手続きを終えることができます。

 

これをするだけで節税ができるのです!

ただしワンストップ特例制度は下記2点のどちらか1つでも該当する方は利用できません。

  • ふるさと納税をした自治体が5つ以上である人
  • ふるさと納税をしていない場合に、確定申告が必要な人

この2点のどちらか1方に当てはまってしまった方は「確定申告」をする必要が出てきます。

 

確定申告と聞くと難しそうだなと思う人もいるかもしれませんが、確定申告は簡単にすることができます。

僕自身確定申告を去年したのですが、とっても簡単。

スタッフの方が丁寧に教えてくれるので安心してください。

 

確定申告に行ってきた時の記事はこちらで紹介しているのでもしよろしければご覧ください。

まとめ

このようにふるさと納税は簡単にすることができ、大変お得な制度です。

自分自身がお得になるということはもちろん、ふるさと納税委することで地方の自治体を応援することにもつながります。

 

地域貢献ですね。

 

今回は「ふるなび」というふるさと納税サイトをご紹介させていただきましたが「ふるさと本舗」というサイトなどほかにもふるさと納税ができるサイトは様々存在しています。

是非いろいろなサイトを比較しお気に入りの返礼品を見つけてみてくださいね。

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

今後とも得する情報館をよろしくお願いいたします。

-サービス情報, 知っていて損はない

Copyright© 得する情報館 , 2018 All Rights Reserved.