ご訪問ありがとうございます!おすすめサービス・記事をご紹介いたします。合わせてご覧いただければ幸いです。

投資

【副業解禁】FXを初めてやる人へ-外国為替証拠金取引(FX)とは?

更新日:

初心者でも分かるFXの解説

皆さんこんにちは得する情報館管理人です。

 

一昔前まではほとんどの会社で「副業」が禁止されていましたが、今現代大企業を始め「副業解禁」の流ができてきました。

「副業」と一口に言っても

  • アルバイト
  • クラウドソーシング
  • アフィリエイト
  • 物販
  • FX

などなど、ここにあげたもの以外にも様々なものが存在しています。

その中でも今回は「FX」について、初心者の方・FXを初めてやる方でも理解できるように説明していきたいと思います!

FX(外国為替証拠金取引)は元本や利益が保証された金融商品ではありません。

確実に儲かるものでもありません。

為替相場の変動などにより「元本割れ」するリスクが存在しています。

また、後ほど説明する「レバレッジ」をかけることで預入金額(証拠金)以上の取引をすることが可能ですが、預入金額以上の損失(マイナス)となってしまうリスクも存在しています。

レバレッジをかけることで、上がったときのメリットは大きいですが、下がったときのデメリットも大きくなるので注意しましょう。

FX(外国為替証拠金取引)とはいったい?

FXとは「Foreign Exchange」の略称で、日本語に直すと「外国為替証拠金取引」です。

「外国為替証拠金取引」と言われても正直あまりピンと来ないですよね。

 

外国為替証拠金取引(FX)を一言で簡単に表すと「異なる通貨の売買取引」です。

 

不動産投資なら「不動産」に投資し、株式投資ならば「株」に投資しますよね。

ではFXとはいったい何に投資する取引なのでしょうか。

 

「外国為替」に投資する取引がFXです。

 

日本円も含め、通貨の価値は日々変動しています。

今あなたがこの記事を読んでいるこの瞬間にも通貨の価値は変動しています。

 

FXとはこの「通貨の価値の変動」に着目する取引なのです。

 

例えばあなたが1ドル100円の時に米ドルを買い、1ドル120円になったときに売りました。

すると1ドルあたり20円の利益となります。

 

その逆もあり、1ドル120円の時に米ドルを買い、1ドル100円の時に売ってしまったとしたら

1ドルあたり20円の損失を被ることになってしまうのです。

 

FXでは米ドルに限らず中国の「中華人民元」や、オーストラリアの「豪ドル」

EUの共通通貨である「ユーロ」など様々な通貨で取引することが可能です。

少ない資金でも大きな金額の取引ができる

FXでは少ない資金でも大きな金額の取引をすることが可能です。

 

FX取引を行うに当たり「証券会社」や「FXの専門業者」などに先に担保としてお金を預け入れます。

この預け入れたお金のことを「証拠金」といいます。

 

FXでは「レバレッジ」をかけることで証券会社やFXの専門業者に預け入れた証拠金以上の取引を行うことが可能なのです。

海外のFX業者はレバレッジ200倍や多いところだと1,000倍までなんて会社もありますが、日本国内のFX業者は最高25倍までレバレッジをかけることができます。

 

1万円の証拠金でレバレッジを25倍に設定したとしたら、25万円分の取引ができるわけですね。

10万円ならば250万円分の取引ができてしまうのです。

 

これはメリットでもあり、デメリットでもあります。

 

レバレッジを大きくすることで上がったときの利益も大きくなりますが、その分下がったときの損失も大きくなってしまいます。

日本より断然高金利な外貨

皆さんご存じの通り、日本は超低金利大国です。

銀行の普通預金に預けていても年0.1%ほどしか金利を受け取ることができません。

 

しかし、外国の場合どうでしょうか。

 

外国の場合、国によっても違いますが多いところだと年5%~8%ほどのインカムゲイン(金利)を受け取ることができます。

この日本と海外の金利差分が「スワップポイント(スワップ金利)」として受け取ることができるのです。

しかし、その逆もあり高金利の通貨を売り、低金利の通貨を買った場合は自分が金利差分を支払わなければいけないので注意が必要です。

 

レバレッジをかけて取引している場合、年5~8%という金利もけして無視できません。

かなり大きなものとなります。

 

例えば「メキシコペソ」という通貨は2018年11月時点で政策金利「8%」となっています。

メキシコペソを購入すれば、日本の金利との差分である7.9%もの金利を受け取ることができるのです。

 

証拠金10万円、レバレッジ25倍でメキシコペソを取引していた場合

250万円に対して7.9%の利息となるので、1年間で19万7,500円もの利息を受け取ることができます。

一日あたり541円ですね。

 

もちろん、保有している期間中しか利息を受け取ることができないので、メキシコペソを売ってしまった場合その時点で利息を受け取る権利はなくなります。

また、メキシコペソが下落して損失を被るリスクも存在しています。

 

逆に、メキシコペソを売って日本円を買った場合年7.9%もの金利を支払わなければなりません。

 

また、高金利だからといってたくさん購入すると、レートが下がったときに大きな損失を被ってしまう可能性があるので注意してくださいね。

24時間取引ができる

株式取引の場合9時~15時までの間しか市場が開いていないため、取引できませんが

FXの場合24時間取引することが可能です。

 

そのため、9時~15時の間は仕事で株式投資はできない...

そんな方でもFXならば安心して取引することができます。

FXのメリット・デメリット

FXと聞くと大きな資金がないと始められないと思いがちですが、レバレッジを利用することで少ない資金からでも始めることができます。

しかし、レバレッジをかければかけるほどリスクも大きくなっていきます。

 

レバレッジを利用することで大きな利益を狙うことが可能ですが、大きく設定しすぎると強制ロスカットになってしまったり、ひどい場合追証(追加保証金)が必要となってしまいます。

追証とは追加で保証金を入金しなければいけない状況のことです。

簡単に言えば、証券会社やFX業者に対する借金が発生してしまいます。

 

そのため、大きな利益を出したいからといってレバレッジを大きく設定しすぎることはオススメしません。

 

また、FXは株式市場と違い24時間取引することが可能です。

そのため、日中は仕事で忙しいサラリーマンの方でも副業として取り組める所が嬉しいポイントです。

FX業者に口座開設するなら「すぐたま」からがお得

2019年1月18日現在「すぐたま」から「FXトレード・フィナンシャル」で口座開設・利用すると50,000マイル(25,000円相当)がもらえます!

ただし、条件があり

  • 10万円以上の入金
  • 200万通貨以上の取引
  • インストール版のMT4利用での取引
  • 南アフリカランド(ZAR)・トルコリラ(TRY)を含まない通貨ペアでの取引
  • 申込みから60日以内の取引

が条件となっています。

 

簡単に言い換えれば

口座開設(申込み)をしてから60日以内にMT4の取引ツールをPCにインストールして、10万円以上の保証金をMT4の口座へ入金。

その後米ドルや豪ドルなどで200万通貨以上取引をすれば成果の対象となります。

 

また、得する情報館はすぐたまの公認ブログとなっています。

当館からの申込みで最大5,000マイル(2,500円相当)のポイントをもらうことができますよ!

 

~公認ブログ特典のご紹介~

 

  • すぐたまへ登録で600マイル(300円相当)
  • 登録月の翌々月末までに20,000マイル以上4万マイル未満の獲得で1,400マイル(700円相当)
  • 登録月の翌々月末までに40,000マイル以上獲得で4,400マイル(2,200円相当)

FXトレード・フィナンシャルを申し込めば5万マイルもらえるため、登録特典をフル活用することできます!

すぐたまへ無料会員登録

お礼
最後までご覧いただきありがとうございました!

本記事があなたの参考になったのなら幸いです。

また、おすすめ記事をご紹介いたします。
合わせてご覧いただければとても嬉しいです!

-投資

Copyright© 得する情報館 , 2019 All Rights Reserved.