ご訪問ありがとうございます!おすすめサービス・記事をご紹介いたします。合わせてご覧いただければ幸いです。

サービス情報

クレジットカードが持てない人や借金が嫌いな人でも便利にVISA加盟店でお買い物♪

投稿日:

皆さんこんにちは得する情報館管理人です。

 

いきなりですが

  • クレジットカードが欲しいけれど、過去に金融事故を起こしたことがあるから審査が不安
  • 年齢的にまだクレジットカードが持てる年齢ではない
  • 年齢的にはクレジットカード持てるけれど、未成年で親の同意がとれない
  • クレジットカードを持つとついつい使いすぎてしまいそう
  • そもそも借金するカードなんて持ちたくない!

そんなこんなでクレジットカードを持っていない方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、クレジットカードを持つとたくさんのメリットが存在しています。

例えば

  • 現金を持ち歩かなくてもお買い物を楽しめる
  • もし不正利用されても保証があるから安心
  • ネットでお買い物するときの代引き手数料の節約
  • ポイント還元

などなど、上記であげた以外にも本当にたくさんのメリットが存在しています。

 

今回は「クレジットカード」の良いところ取りをし、悪いところをそぎ落とした。

そんな「VISAデビットカード」というものをご紹介していきたいと思います!

VISAデビットカードって何?

「VISAデビットカード」

今初めて聞いた言葉だよ。そんな方も多いのではないでしょうか。

 

先ほども少し触れましたが、VISAデビットカードとはクレジットカードの良い所をしたサービスです。

 

クレジットカードはあらかじめ審査によって決められた与信枠(限度額)の範囲内でお買い物を楽しむことができますが、VISAデビットカードは銀行口座残高=限度額となっています。

利用した分は即時口座から引き落とされるため、お金を借り入れている訳ではありません。

 

しかも、クレジットカードと同じようにVISA加盟店で利用することができ多くのデビットカードの場合ポイントも還元してもらうことが可能です。

もちろん、お金を借り入れているわけではないので、信用情報の審査などは一切ありません。

 

そのため、過去に金融事故を起こしてしまった方だろうと、未成年の方だろうとデビットカードを持つことができます。

未成年の方は親の同意が必要ですが、クレジットカードと違い借金をするカードではないため、クレジットカードよりはるかに親の同意を得やすいでしょう。

 

ただ、多くの銀行のデビットカードの場合中学生を除く15歳以上の方という制限がある場合が多いので注意が必要です。

デビットカードのデメリット

持っているお金以上は使えない

これは当たり前と言えば当たり前なのですが、クレジットカードのようにもうすぐボーナスだからこれを買おう。

次の支払日までにはお給料が入るからこれが買えるな。

 

そういうことができません。

 

持っている金額以上は利用できないのです。

人によってこれはデメリットになるのではないでしょうか。

分割払ができない

デビットカードには信用審査がないため、お金を借り入れることはできません。

そのため、分割払いやリボ払いといった支払い方法は利用できません。

 

一括払いのみとなります。

これは利用した金額を即時口座から引き落とす「デビットカード」の性質上仕方ないですね。

一部利用できない加盟店がある

少し前にVISAデビットカードは「VISA加盟店で利用できる」と説明しましたが、クレジットカードは利用できてもデビットカードは利用できない。

そんな加盟店が存在しています。

例えば「ガソリンスタンド」などです。

 

その他にも携帯料金の支払いなど「継続的」な支払い方法にも利用できないことが多いです。

これは大きなデメリットとなってしまいますね。

デビットカードのメリット

ATM手数料の節約になる

デビットカードを使うことで、ATMからお金を引き出さないでも料金を支払うことができます。

そのためATM手数料を節約することができるのです。

 

個人的に思うことがあるのですが、ATM手数料ってものすごくおかしな制度ですよね。

だって、銀行は僕たちが預金しているお金を使って、それを貸し出し、その利息で利益を得ています。

 

それなのにもかかわらず、引き出すときに手数料。

僕たちからお金を借りている立場の銀行が僕たちに返済するときに手数料くださいと。

 

デビットカードならそんな理不尽なATM手数料を支払わなくても良くなるのです!

現金じゃないけど現金感覚

「現金じゃないけど現金感覚?」

意味が分からないですよね(笑)

 

しかし、これがデビットカードです。

 

先ほども説明したのですが、デビットカードは使った瞬間に預金口座から利用金額分引き落とされます。

そう、リアルタイムに預金残高が減っていくのです。

 

お買い物をして料金を支払えばその瞬間にその金額分の現金が減りますよね。

それと同じように、お買い物をした瞬間に預金残高から現金が減っていくのです。

そのため現金ではないのですが、現金感覚で利用できるのです。

 

クレジットカードはある一定期間(締め日から締め日までの間)に利用した金額分支払日にまとめて預金口座から引き落とされるため、ついつい使いすぎてしまうことがあります。

しかし、デビットカードなら利用したらリアルタイムに減っていくため、預金残高と相談しながらお買い物を楽しむことができますよ!

ポイント還元・キャッシュバック

現金で支払っていては1ポイントたりとも貯まりません。

しかし、デビットカードを使って支払うこことで少なからずポイント還元もしくはキャッシュバックを受けることができます!

 

ここでは大手メガバンクである「三菱東京UFJ銀行」のデビットカードを例にご紹介します。

三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードの場合

  • 基本還元率0.2%
  • 入会後3ヶ月間は0.4%
  • 誕生月は+0.1%
  • 前年1年間の利用額が20万以上で+0.05%
  • 前年1年間の利用額が30万以上でさらに+0.05%

となっています。

現金で支払っていては0%還元ですが、デビットカードを使って支払えば少なからず還元してもらうことができるのです!

家計簿アプリで家計管理

「MoneyForward」などの家計簿アプリと連携すれば自動で家計簿を付けることができます。

当館管理人もマネーフォワードを使っているのですが、今月いくら使ったとか、預金残高がいくらあるだとか、クレジットカードの借入残高など一目で見ることができるので、とっても便利ですよ!

 

現金で支払った場合、一つ一つ手動で入力・記入していかなければならないのですが、デビットカードを連携させそのカードで支払えばすべて自動で家計簿をつけることができます!

三菱UFJ銀行のデビットカードはすぐたまからの申込みがお得!

このようにデメリットもありますが、メリットも大きいデビットカード。

2018年12月25日現在「すぐたま」というポイントサイトから三菱東京UFJ銀行のデビットカードを申し込むことで10,400マイル(5,200円相当)がもらえます!

 

通常年会費1,080円ですが、年間10万円以上の利用で翌年無料です。

年間10万と聞くと多い...と思いがちですが

月で考えればたった8,500円程度です。

 

さらに、当館はすぐたまの公認ブログとなっています。

そのため、当館からすぐたまに入会すれば最大で+5,000マイル(2,500円相当)もらうことができます。

  • すぐたまへ登録で600マイル(300円相当)
  • 登録月の翌々月末までに20,000マイル以上4万マイル未満の獲得で1,400マイル(700円相当)
  • 登録月の翌々月末までに40,000マイル以上獲得で4,400マイル(2,200円相当)

すぐたまに無料会員登録

Kyashと合わせればさらにお得に

Kyashはプリペイド式のVISAカードです。

チャージしている金額の範囲内でお買い物を楽しむことができます。

 

このKYASHのすごいところはなんと言っても還元率の高さ。

なんと利用金額の2%がキャッシュバックされます。

 

三菱東京UFJ銀行のキャッシュバックと合わせればなんと2.2%。

 

さらに

三菱東京UFJ銀行デビットカード→Kyash→ペイペイ

このように、今話題のペイペイと合わせて利用することで2.7%以上の還元率で利用することができます!

 

Kyashもすぐたまからもうしこむことができますよ!

すぐたまに無料会員登録

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

今後とも得する情報館をよろしくお願いいたします。

お礼
最後までご覧いただきありがとうございました!

本記事があなたの参考になったのなら幸いです。

また、おすすめ記事をご紹介いたします。
合わせてご覧いただければとても嬉しいです!

-サービス情報

Copyright© 得する情報館 , 2019 All Rights Reserved.