サービス情報 格安SIM

【携帯料金下げたい方必見!】手持ちのスマホで格安SIMをいろいろ使ってみた

更新日:

格安SIM 比較

皆さんこんにちは、得する情報館管理人です。

今回の記事も前回に引き続き「アフィリエイト秘書」という記事執筆代行サービスを使い、格安SIMをいろいろ試した方に感想をレポートしていただきました。

 

これから格安SIMに変更したいけれど不安。

そんな方の参考になれば幸いです。

 

では、アフィリエイト秘書のライターさんにバトンタッチしていきます!

手続きや支払いでのメリットデメリットをチェックしてみる

今や3大キャリアと言われる、ソフトバンク、ドコモ、auを選ばなくても、たくさんのいわゆる「格安SIM会社」が出ていますので、かなりの選択肢があります。

一見すると格安SIM会社のサービスというのは大手キャリアと同じように見えますが、実際に使った人からすると使い勝手などに差があるということです。

 

そこで、いろいろな格安SIM会社を実際に試して、その違いをチェックしてみることにしました。

 

BIGLOBEやLINE、イオンモバイル、マイネオなどのいわゆる格安SIMのメジャーどころを試してみて、その感じをレポートします。

 

まず全体的に感じたのは、携帯電話サービスの移行はどこもスムーズで簡単だったということです。

やはり使う会社を変えても電話番号は変えたくないと思いますので、必ず電話番号移行サービスを申し込むことにしました。

 

以前はサービスを移行するにあたって数日のタイムラグが生じて、サービスが使えなくなる日があったということですので、その問題が生じないかを特に重視しました。

 

しかし、実際に使ってみたところタイムラグはほとんど生じることなく、サービスが使えないという時間はほとんどありませんでしたね。

 

一応、キャリアからも新しく申し込んだ格安SIM会社からもサービスが切れることがあるという説明はありましたが、スマホに新しくもらったSIMを差し込むとすぐに電話網につながって、電話が使えるようになったのです。

ただし、ネットの場合はちょっと設定を変える必要がありましたので、それに手間取って多少待つ必要がありました。

 

とはいえ、丸一日サービスが使えないということはなく、上手に移行をすればまったく待機状態なしで利用できるという感じです。

 

手続き自体もとても簡単で、本人確認書類と申込書類の提出だけですぐに済んで、申し込みから数日でどの格安SIM会社もサービスが使えるようになりました。

ただし、大手キャリアの場合は口座振替や振り込みなど、いくつかの支払い手段があったのですが、私が利用した格安SIM会社の場合はどこもクレジットカード払いだけだったので、クレジットカードを持っていないという人の場合は難しいのかなという印象があります。

 

それ以外は手続きや支払いについては全く問題がありません。

通話もネットもほとんど大手キャリアとの差を感じられない

いろいろな格安SIMサービスを使ってみて感じたのは、通話などの品質は大手キャリアとほぼ変わりないなということです。

ネット上のレビューでは、大手キャリアと比べると通話する際の音の聞こえ具合や、ネットのつながりが悪いことがあるという意見もありましたので、ちょっと心配していました。

 

しかし、少なくとも私が使った範囲では、特に不具合と感じるような問題や、大きな違いはなかったです。

もちろん、移動中や郊外に行った時は品質が落ちることがありますが、それは大手キャリアでも同じことだと思います。

 

試しに、IP電話アプリを使ってネット回線での通話はどうかなとチェックしてみましたが、ほぼ問題ない感じですね。

ただし、LINEなどのSNSアプリの通話機能では若干音声のタイミングずれなどが起こることもありますが、これはやはり格安SIMだからということではなく、大手キャリアでも同様に生じていることですので問題ないなと思いました。

 

逆に感じたのは、ネットの容量を効率よく使えるという点です。

というのも、格安SIM会社ではいろいろなサービスと提携していて、店舗に設置しているWi-Fiスポットを無料で使えるようにしているからです。

 

モバイルネットワークだけでなく、街中ではこうしたWi-Fi網も使えますので、ネット容量を抑えることができて結果的によりたくさん外出中のネット使用が楽になりました。

当然、大手キャリアよりも元々の基本料金が安いわけですから、スマホ代という意味ではかなりの節約になっています。

格安SIM会社にもよりますが、大手キャリアと比べると1,500円から2,000円近くの節約をすることができるというのが、個人的な感想です。

 

このように、手持ちのスマホで数か月ごとにSIMを変えて大手キャリアと格安SIMの違いをチェックしてみましたが、サービスや基本機能の品質という意味ではほとんど差を感じることができませんでした。

それでいて、スマホ代はかなりの節約になりましたので、格安SIMに変える意味は大きいなという感じです。

 

複数の格安SIM会社を使ってみましたが、会社ごとの差もほとんどなく、どこを使っても安心感があったのが印象的です。

会社によって連携しているサービスや料金プランが異なるので、その特徴をとらえて自分に合ったサービスと料金を選ぶというのが賢い選択の方法かなと思います。

 

大手キャリアと格安SIMの間の選択というよりは、もはや格安SIM会社間での選択をするということになるかもしれませんね。

まとめ

このように、簡単な手続きでスムーズに携帯料金を下げることができる『格安SIM』

 

ほとんどの会社でクレジットカードにしか対応していないことが人によってはデメリットに感じるかもしれません。

しかし、クレジットカード払いは口座振替と違い「ポイント」を貯めることができます。さらに「信用」も貯めていくことができます。

 

そうは言っても、クレジットカードを持つのに審査などもあり不安。

そうですよね。

誰しも自分自身が審査されるのは不安です。

 

しかし「楽天カード」ならば比較的柔軟な審査をしてくれ、さらにスピード発行してくれるため審査に不安な方にとてもオススメできる一枚です。

 

大手キャリアと大差なく毎月の料金を下げることができる『格安SIM』

こちらの記事でもご紹介したように、毎月発生する料金を見直すことは一番の貯金・節約方法です。

 

めんどくさいから・よく分からないから。

そう言っている時間があるならば、行動しましょう。

 

また、個人的にオススメできる格安SIM会社は「ラインモバイル」です。

今の時代ほとんどの方が「ライン」をなどのSNSを使っていますよね。

ラインモバイルならば、ラインでの通信はもちろんプランによっては「ツイッター」や「インスタグラム」「フェイスブック」などのSNSなどでの通信量が無制限で使えます。

 

それでいて低価格です。

ラインモバイル」の詳細はこちらからご覧いただけます!

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

今後とも得する情報館をよろしくお願いいたします!

-サービス情報, 格安SIM

Copyright© 得する情報館 , 2018 All Rights Reserved.